2024年04月05日

映画村の菜の花が見頃です

240402_映画村 (33)00.JPG


二十四の瞳映画村の菜の花が見頃を迎えています✨

この土日はお天気もよさそうなので
ぜひ遊びに行ってみてください。


240402_映画村 (11)00.JPG

毎年、春は菜の花、夏はヒマワリ、秋はコスモスと
季節ごとの花が迎えてくれる二十四の瞳映画村ですが
とくに菜の花の時期は一面に鮮やかな黄色いじゅうたんが広がっていてきれい。

GW頃までもつようにと少し遅めに植えていて、
今年は4月15日からこいのぼりとのコラボレーションも楽しむことができます。

今週末はこいのぼりはまだ上がっていませんが
黄色い菜の花と青空の春らしい写真が撮れそうですね。


240316_kurogo (1)00.JPG

ギャラリーKUROgOの展示
太田昭生写真展
「二十四の瞳」の原風景を求め、瀬戸内への旅
は、明後日7日(日)まで。

明日、6日(土)は写真家の太田さんが在廊予定なので
撮影の裏話などを聞きながら鑑賞を楽しんでください。

210720_映画村 (22)00.JPG


気温も高くなりそうなこの週末。
ヤマロク醤油の「鶴醤(つるびしお)」を使った極上醤油ソフトや、
なつかしい揚げパンにアイスを挟んだあげパンアイスなど
冷たいスイーツもおいしそうですね。

240316_映画村 (9)00.JPG



醤油にオリーブ、すももに塩と、
ご当地ソフトがあちこちにある小豆島。

現在、小豆島ソフトクリームラリーというイベントも開催しているので
こちらもチェックしてみてくださいね(詳細は参加店舗まで)


桜もそろそろ満開に近づく頃かもしれません。
予定をいっぱい詰め込んで、充実した週末をお過ごしください🐱


≪関連記事≫







posted by しまラジ! at 18:00| 香川 | TrackBack(0) | ○イベント・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月04日

大規模改修落成式が行われます/中山農村歌舞伎舞台

211003_農村歌舞伎 (24)00.JPG
改修前の中山農村歌舞伎舞台



つい先日、大規模改修工事が完了した中山の舞台。
改修費用のためのクラウドファンディングでは目標を大きく上回る金額が寄付され、
さまざまな方面からの支えがあって完成まで辿り着きました。

その舞台の完成を記念した落成式が行われます。


落成式

≪日時≫
4月14日(日)13時〜

≪内容≫
亀山八幡宮宮司による祝詞
三番叟
来賓あいさつ
餅投げ
舞台内覧会
※内容は一部変更の可能性あり


工事中は長い間姿を見ることができなかった舞台が
きれいに生まれ変わってお披露目されます。
また、普段なかなか見ることができない舞台の見学もできる貴重な機会。

誰でも参加可能なので、ぜひ新しくなった中山の舞台の完成を
みんなで一緒にお祝いしましょう。


≪関連記事≫









posted by しまラジ! at 07:00| 香川 | TrackBack(0) | ○歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月03日

島で独自に発展した小豆島農村歌舞伎を次の世代へ

240316_小豆島歌舞伎シンポジウム (58)00.JPG


昨日に引き続き、今日も中山の歌舞伎のお話。
先日行われたシンポジウムの詳細をお伝えします。


240316_小豆島歌舞伎シンポジウム (55)00.JPG


シンポジウムでは、肥土山と中山の歌舞伎保存会の方をはじめ
さまざまな専門家の方のお話を聞くことができましたが
驚いたのが小豆島の農村歌舞伎には小豆島独自のものがたくさんあるという点でした。


基調講演を行った安田文吉氏(東海学園大学 客員教授・南山大学 名誉教授)によると
小豆島には「島出来」と呼ばれる島独自の作品があるとのこと。
たとえば星ヶ城城主の佐々木信胤にまつわる伝承を元にしたものなどがあり、
これは、小豆島が瀬戸内の要所であるため歴史のなかで常に戦や事件に巻き込まれていて、
そのたびに島民たちが一丸となってその苦難を乗り越えてきたため、
そうした出来事を伝える歌舞伎演目が作られ上演されてきたということです。

また、今も中山で上演されている演目「小豆島」は、
元々は大正2年に東京歌舞伎座で初演された大歌舞伎作品であったものの、
現在は全国でも中山だけで上演される演目となっているそうで、これもめずらしいことなんだそうです。

「小豆島には、こういう独自のものを作り上げて伝承していく熱意が限りなくあると感じます。
子ども歌舞伎が残っていることも、次世代へと受け継いでいくために重要なこと。
地芝居独自の演出や筋書があって、大歌舞伎とは違うぞという、
そういうものが小豆島には残っています」
と安田先生はおっしゃっていました。


▼続きを読む▼
posted by しまラジ! at 07:00| 香川 | TrackBack(0) | ○歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月02日

中山農村歌舞伎のこれから

211003_農村歌舞伎 (24)00.JPG
改修前の中山歌舞伎舞台


中山と肥土山で受け継がれてきた
小豆島農村歌舞伎
国の重要無形民俗文化財に指定されることとなり
3月16日には指定を記念したシンポジウム開催、
そして昨年から続いてきた舞台の回収も無事終了と、
何かとニュースの多い中山地区。

今日の「瀬戸内しまラジ!」放送では
中山農村歌舞伎保存会会長 久保政(ただし)さんにご出演いただき
文化財指定への思いや今後の農村歌舞伎についてお話しいただいています。


240316_農村歌舞伎 (13)00.JPG


16日に行われたシンポジウムにも、
パネルディスカッションのパネリストとして登壇した久保会長。
シンポジウム前のお忙しいなか取材にご協力いただきました。


「かつて島内に30以上あった芝居小屋も
今は実際に歌舞伎が行われているのは肥土山と中山の2つだけになりました。
中山の歌舞伎は、春日神社の秋祭りで奉納されています。
昔は歌舞伎とはあまり言わなかったですね。
自分の小さいころは芝居をするとかしばやとか言ってました。
この芝居の日が子どものころはとても楽しみで、
この日だけは夜遅くまで起きていても怒られないので、毎年楽しみにしていました。
中山の人にとって歌舞伎というのは、あって当たり前のものなんです。
あるのが当然、これがないということが想像できない。そういうものです」


240316_小豆島歌舞伎シンポジウム (85)00.JPG
シンポジウムでは中山農村歌舞伎保存会によるデコ芝居が披露されました


「今回、小豆島農村歌舞伎が国の重要無形民俗文化財に指定されることになりましたが
これを守っていくだけでも大変なことです。
自分たちの世代は子どもの頃からこの歌舞伎を守っていかなきゃいけないと言われているからそれが染みついています。
とはいえ中山地区は世帯数で100ちょっと、人数にすると200人後半から300人ほど。
少子高齢化が進むなかで、かつては子ども芝居も小学校高学年から参加していたのが
今は子どもが足りなくて2年生や3年生から出てもらっているのが現状です。
そういう状況で、なんとかこれを絶やすことなく繋いでいきたい。
そのためには中山という小さな集落だけで維持していくのは難しいので、
小豆島の他の地域の方や島外の方も参加してもらって
一緒に継続していきたいと思っています



▼続きを読む▼
posted by しまラジ! at 07:00| 香川 ☀ | TrackBack(0) | ○日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月01日

卒業遍路2024

220406_城山桜公園 (30)00.JPG


今日から新年度がスタート。
新入学の学生さん、新社会人のみなさん、おめでとうございます。

それ以外の人にとっても、年度の終わりと始まりは
職場や自分の周りの環境が変わることが多く、
新たなスタートという気持ちにさせられる時期ですよね。


IMG_7955小.JPG


そんな、終わりと始まり、別れと出会いの季節に
小豆島で毎年行われているのが卒業遍路
島の学校を卒業する子どもたちが、
小豆島八十八ヵ所霊場の札所を巡る1日歩き遍路イベントです。

今年は3月18日(月)に行われました

ワタシも2022年・2023年と参加させていただいて(何も卒業してないけど)
その2回は中学3年生ばかりだったんですが
今年はなんと、小学生10人、中学生4人、高校生6人、大学生1人という幅広い卒業生が参加してくれました✨

年齢も違えば体力も違うこの集団を
無事に1日ケガなく歩き終えさせねば…!という妙な緊張感とともにスタートしました。


IMG_7757小.JPG


今年のコースは三都半島の札所が中心。
オリーブナビを出発して、オリーブ園前の交差点から三都半島に入っていきます。

28番 薬師堂

29番 風穴庵

30番 正法寺

31番 誓願寺

34番 保寿寺庵

32番 愛染寺

33番 長勝寺


お寺でのおつとめも初めて体験する子がほとんど。
最初は何をどう読んだらいいのかわからない状態ですが、
先達からの説明は最小限。
「やってみて覚えていこう」の精神です。

でも、最初の札所ではたどたどしかった般若心経も
一日に何度も唱えていると不思議に口についてきて
最後はみんな大きな声で唱えられるようになるんですよ。


IMG_7975小.JPG


それにしても小学生の体力ってすごい。。。

最初は友だちとキャッキャ言いながら楽しそうにしていても
1日歩き続けているとそのうちに無口になっていくものですが、
この坂道登った後にそんなことする体力ある!?
まだそんな走れるの!?と何度も思いました。

そんな、無限体力の小学生たちの写真を撮ろうと、
すでに上がらない足に鞭打って走り回るワタシ💦

とにかく、みんな救護車に乗ることなく無事に歩き切れたのが何よりでした。

IMG_7948小.JPG

卒業遍路を企画した常光寺の大林慈空さんと
池田の長勝寺の山岸隆信さん。

今回は山岸さんが先達を務めました。
しんがりは宝生院の高橋寿明さん。
けが人や離脱者が出たときのために併走する車は
長浜長勝寺の土山さんが担当しました。

ほか、救護要員としてハレヶ山商店の立屋さん、
動画撮影でドローンでおなじみの坪佐さん。
また、代参用の折り紙を作ってくださった方、
当日までの準備の面で支えてくださっている方など
たくさんの人が卒業遍路をサポートしています。

それはやっぱり、卒業して島を離れる子どもたちに島の素晴らしさを知ってほしい、
卒業前に友だちと一緒にほかではできない体験をして思い出を作ってほしいという思いからです。


IMG_7688.JPG


今日から中学生、高校生、大学生、新社会人となる今年の卒業遍路の参加メンバー。
島の大人たちは、みんなが元気で活躍してくれることを願っています。



≪関連記事≫





posted by しまラジ! at 14:00| 香川 🌁 | TrackBack(0) | ○小豆島霊場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月30日

桜を楽しみながら〜小豆島八十八ヵ所巡り

210929_チョキチョキ遍路 (29).JPG


小豆島の春といえば、お遍路の季節。
毎年この時期になると島外の巡拝団体が島を訪れ
八十八ヵ所をお参りします。

昨日の記事では島内の桜の名所を紹介しましたが、
小豆島の霊場にも見事な桜を楽しめるお寺があるんですよ。


220325_常光寺 (9)00.JPG


もちろんソメイヨシノもありますが、
小豆島霊場には「小豆島八十八桜」というものがあって
八十八の札所それぞれに違う品種の桜が植えられていました。

品種が違えば咲く時期も違うので、春の早い時期にお遍路に来た人も、
遅い時期に来た人も、みんなが桜の花を楽しめるようにというはからいもあったようです。

ですが、日本各地から持ってきた桜のなかには
小豆島に根付くのが難しく、枯れてしまった木もあって
すべての霊場に小豆島八十八桜が残っているわけではありません。

ただ、残っている桜はお寺の関係者によって大切にされているので
今でもその時期になるときれいな花を咲かせて訪れる人を楽しませてくれます。



210804_長勝寺西の滝 (96)00.JPG


山岳霊場あり、集落のなかのお寺あり、海が見えるお寺もあり。
立派なお堂を持つ大きなお寺もあり、また、ひっそりとした質素な庵あり。

じつに多様な札所、多様な景色が楽しめるのが小豆島八十八ヵ所巡りの大きな魅力です。

この時期はさらにお花見の要素もプラスして
一年でいちばん気持ちのいいお遍路を体験してみてはいかがですか。


≪関連記事≫







posted by しまラジ! at 07:00| 香川 ☁ | TrackBack(0) | ○小豆島霊場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月29日

小豆島お花見スポット

220406_城山桜公園 (48).JPG

ここのところずっとスッキリしない天気が続き、
つかの間晴れたかと思えばまた冷たい雨が降って…を繰り返してきた小豆島。
桜の開花予想も当初20日頃と言われていたのに
後へ後へとずれ込んでいますが、
さすがに今週末くらいから一気に咲き始めそうですね


そこで今日は、小豆島町内の桜スポットをまとめて紹介✨
お花見の計画はお早めに〜🎠


220406_城山桜公園 (69)00.JPG

国民宿舎小豆島の北側に広がる小高い園地に
たくさんの桜が咲く人気のお花見スポット、城山桜公園
山なので多少のアップダウンはありますが、
園内を散策すると場所ごとにいろんな景色が楽しめて
とてもリフレッシュできますよ。


220406_粟地ダム (13)00.JPG

安田から山の方へ上がったところにある粟地ダム公園
公園内にも立派な桜の木がありますが
ダム周辺にもたくさんの桜が植えられていて
コンクリートの大きな構造物と淡いピンクの桜のコントラストが楽しめます。


220406_さくらパークそら (1).JPG

こちらは苗羽の、さくらパークそら
結構穴場だと思います。
芝生の緑、空の青、桜のピンク。
この組み合わせ、春って感じの配色ですよね。

220406_池田港 (8)00.JPG


池田港に隣接する公園にも桜がありますね。
こちらはなんといっても海と桜のコンビネーションが見事。
遊具もあるのでお子さんを遊ばせながらお花見が楽しめそうです。


220406_オリーブ公園 (1)00.JPG


道の駅小豆島オリーブ公園の桜は
枝ぶりが見事な立派な桜の木がたくさんあります。
オリーブの葉の淡いグリーンと桜色のペアリングが楽しめるのは小豆島ならではですね。


220406_内海八幡 (12)00.JPG


こちらは内海八幡神社
駐車場からさらに上がったところ。
目の前に広がるのは内海湾、そして田浦半島。
とっても静かで神聖な感じのする場所です。




220412_寒霞渓 (4).JPG

寒霞渓は渓谷の山桜が毎年の楽しみですが、
山頂駅周辺の駐車場にはソメイヨシノも咲いています。
標高が高いので、平地の桜より1週間くらい遅れて見頃を迎えます。


220406_城山桜公園 (30)00.JPG


今日紹介した場所以外にも、
みなさんそれぞれにお気に入りの桜スポットがあると思います。

これから島内の桜が一気に咲いて、いっせいに見頃を迎える予想。
いちばんきれいな瞬間を逃さず、短い春を満喫してくださいね。



≪関連記事≫







posted by しまラジ! at 07:00| 香川 ☁ | TrackBack(0) | ○イベント・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする