2024年02月02日

明日は節分/佛谷山で節分の護摩炊き

230203_佛谷山 (25)00.JPG


旧暦では立春の日が新しい年の始まりとされていたため、
その前日である節分は、今でいう大晦日のようなもの。
一年の締めくくりとなるこの日に、一年の邪気を払って
新年の無病息災を願う行事が行われます。
鬼は外、福は内、の豆まきもそうですね。

神社やお寺でも豆まきイベントが行われる場合がありますが、
小豆島霊場第41番札所の佛谷山(ぶっこくさん)では
節分厄除祈祷会として護摩炊きが行われます。


230203_佛谷山 (91)00.JPG


昨年、取材にうかがいましたが
暗い岩穴に作られた護摩堂に
たくさんの信徒さんが入って一心に般若心経を唱える様子は
荘厳で神秘的な雰囲気。
俗世から離れた異世界にいるような気分になりました。
護摩木のお代を払えばどなたでもご祈祷いただくことができます。

一年の節目に、ちょっといつもと違う体験をしてみてはいかがですか。


佛谷山
小豆島町蒲生乙263-2


≪関連記事≫





posted by しまラジ! at 07:00| 香川 ☁ | TrackBack(0) | ○小豆島霊場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月01日

辰の年、最初のお遍路は龍の伝説が残る西ノ滝へ

チョキチョキ遍路 (3)00.jpg


1月の終わり、今年最初のチョキチョキ遍路に参加してきました。

昨年はなかなか予定が合わずほとんど参加できなかったので
およそ一年ぶりの歩き遍路…楽しみ4割、不安6割で
始発のフェリーに乗り込みました🚢

240125_チョキチョキ遍路 (12)00.JPG

この日のコースは、池田の桟敷をスタートして
40番 保安寺
41番 佛谷山
42番 西ノ滝
35番 林庵
39番 松風庵
38番 光明寺
36番 釈迦堂
37番 明王寺
まで歩きました。


▼続きを読む▼
posted by しまラジ! at 14:00| 香川 ☔ | TrackBack(0) | ○小豆島霊場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月24日

2024年小豆島霊場島開き法要

240121_島開き (1)00.JPG

1月21日(日)、今年最初のお大師様のご縁日に
令和6年小豆島霊場開白法要、通称島開き法要が行われました。

240121_島開き (34)00.JPG

見てくださいこの青空✨

前日まで雨予報だったにも関わらず、さすが小豆島というべきか、
それともお大師様のおかげがあったのか、
雨は夜の間に止んで当日は青空が見えるほどでした。


240121_島開き (31)00.JPG

島外の巡拝団体をお迎えし、その年のお遍路の始まりを告げる島開き法要。
以前はフェリーから降りてくる巡拝団体のみなさんを港でお迎えして
霊場会総本院まで歩いていましたが、
今はフェリーの時間が変わったこともあって、土庄港に関係者が集合し、
全員で般若心経を唱えたあとに
旭屋旅館を経由して霊場会総本院まで歩きます。


▼続きを読む▼
posted by しまラジ! at 07:00| 香川 ☀ | TrackBack(0) | ○小豆島霊場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月16日

2024年の島開き法要について

230121_島開き (26)00.JPG

小豆島では毎年1月21日に
島外からお遍路さんをお迎えする「島開き法要」が行われています。

今日の「瀬戸内しまラジ!」放送では
今年の島開き法要について
第3番札所、観音寺の住職で
小豆島霊場会の常務でもある白石行永さんにお話をうかがっています。


240108_観音寺 (3)00.JPG

まずは島開き法要について教えてください。

「小豆島八十八ヵ所にはたくさんの地域からお遍路さんが来られていて、
年が明けて初めての21日に島開き法要を行っています。
21日というのは、お大師様のご縁日なんですね。
だから1月、その年の初めてのお大師様の日に、
正式にその年の巡拝が始まるということで
法要をしています」

島開き法要は、正式には小豆島霊場開白法要というそうですよ。


▼続きを読む▼
posted by しまラジ! at 07:00| 香川 ☁ | TrackBack(0) | ○小豆島霊場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月15日

もうすぐ冬至/誓願寺の星まつり

210917_誓願寺 (10)00.JPG

小豆島霊場第31番札所の誓願寺は、
北極星を神格化したとされる妙見菩薩を鎮守とするお寺。

こちらで毎年行われているのが「星まつり」です。


210917_誓願寺 (8).JPG

住持職の関口慈蘊さんによると、
誓願寺は星にゆかりのあるお寺。

代々の住職によって「星まつり」の修法(しゅほう)が行われていましたが、
戦後になって断絶してしまっていました。

その後、関口さんが住職になってから復興。
2016年から星まつりが再び行われるようになりました。

210917_誓願寺 (3).JPG

ちなみに「修法」とは、仏様や神様のために行う真言宗の瞑想のことだそうです。

星まつりは星の仏様に「運気を上げてください」とお願いする修法。
毎年12月の冬至の日から翌年の節分の日まで行われます。
この期間、関口住職は毎日星まつりの修法を行い、
妙見菩薩に一年の加護をお願いします。

星まつりの期間が終われば、お守りのお札が授与されます。


210917_誓願寺 (2)00.JPG

星まつりは12月22日から始まりますが、
申し込みは来年1月31日まで受け付けているので
冬至を過ぎてしまってもあきらめず、興味がある人は期間の途中でもぜひ申し込みを。

申し込みは、誓願寺に直接問い合わせるか、
ウェブサイトからも申し込み可能なので
チェックしてみてくださいね。

ウェブサイトでは、生まれ年ごとの吉凶を示す一覧表も見ることができますよ。



妙見山西蓮院 誓願寺
(みょうけんざんせいれんいん せいがんじ)
小豆島町二面571
0879-75-0252
ウェブサイトはこちら



≪関連記事≫

posted by しまラジ! at 07:00| 香川 ☁ | TrackBack(0) | ○小豆島霊場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月21日

きょうは夏至/洞雲山の夏至観音

220702_夏至観音 (19)00.JPG

一年でもっとも日中の時間が長い夏至

この夏至をはさんで前後20日ずつ、計40日ほどの間だけ見られるのが
洞雲山の夏至観音です。


▼続きを読む▼
posted by しまラジ! at 07:00| 香川 ☀ | TrackBack(0) | ○小豆島霊場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月31日

卒業遍路2023

卒業遍路03.JPG

3月も今日で終わり
4月から新たな環境で新生活がスタートする人も多いでしょう

小豆島では、大学に進学する場合、一度島の外に出なければいけません
また、島内にも高校はありますが島外の高校に進学する生徒も多数
その場合、島から通うにしても多くの時間を島外で過ごすことになります


卒業遍路04.JPG

そんな、卒業とともに島を離れる子どもたちに
島の歴史や文化を知って、それを自分の言葉で話せるようになってほしいとの思いから
開催されているのが「卒業遍路」

小豆島霊場 第2番札所 碁石山の堂守、大林慈空さんが毎年実施しています


▼続きを読む▼
posted by しまラジ! at 07:00| 香川 ☀ | TrackBack(0) | ○小豆島霊場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする