2024年02月23日

全て座れます「椅子展」/MOCA HISHIO ANNEX

240216_ANNEX椅子展 (17)00.JPG


2月10日から、MOCA HISHIO ANNEXで新しい展示が始まっています。


全て座れます 椅子展
期間:2月10日〜3月17日


館内にはさまざまなデザイナーズチェアがずらりと並んでいます。
じつはこれ、石井オーナーが趣味で集めたものだとか。

「個人でこんなにたくさん集めるなんてスゴイ!」
「こんなにたくさんの椅子、どこに置いてたの…」
などなど、いろんな声が聞こえてきそうです。


240216_ANNEX椅子展 (2)00.JPG


「椅子が好きでね、個人的にいっぱい集めてたんだけど、
それをこの春にオープンする新しい美術館とか、丘の上のテラスとか
そこに置いてみんなに使ってもらおうと思って。
その前に、一度集めて展示して、見てもらおうかなと。
もちろん、全部座って大丈夫ですよ」
と石井さん。


240216_ANNEX椅子展 (8)00.JPG


それにしても、
自分が好きで集めた椅子を
自分が作る美術館で使う…
そんなことができる人にワタシもなりたい🐱


240216_ANNEX椅子展 (14)00.JPG


醤の郷現代美術館では、名作コレクション展を開催中です。
1月の無料招待期間中に訪れた人も多いと思いますが、
その時からまた展示作品が入れ替わっています。
今回の展示も見ごたえたっぷりなので、ぜひ足を運んでみてくださいね。
そしてANNEXでは、素敵な椅子に座り放題✨
ANNEXだけ鑑賞する方は、KOHIRA cafeにお声がけください。



●醤の郷現代美術館
●MOCA HISHIO ANNEX
●GEORGES gallery+KOHIRA cafeのオープンは
木・金・土・日曜の10時から16時。
入館料は
醤の郷現代美術館 1,500円
MOCA HISHIO ANNEX 500円
GEORGES gallery 500円
で、美術館入館者はANNEXの入館料が無料になります。


小豆島町馬木甲881-9
問合せ
080-6725-9494


posted by しまラジ! at 07:00| 香川 🌁 | TrackBack(0) | ○アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月27日

新美術館オープンまであと3か月/小豆島アートプロジェクト

210823_ジョルジュルース (66)00.JPG

新聞広告等でもうご存知の方も多いのではないでしょうか。

4月、小豆島に新しい美術館がオープンします

仕掛け人はもちろんこの方、小豆島アートプロジェクトの石井純さん
新美術館は、小豆島を代表する観光スポット、
小豆島オリーブ公園のすぐ近くにオープンします。

MOCAOLIVE.jpg

4月27日オープン
小豆島現代美術館 MOCA OLIVE

オリーブナビ前の交差点から坂を上がり、
駐車場を右手に見つつもう少し上がった場所の左側。
今、絶賛建築中です。

こちらのMOCA OLIVEでは、館内でアート観賞ができるだけでなく
新メニュー「KOHIRAスムージー」をテイクアウトできる
ドリンクスタンドも併設します。


オープン時は
植松奎二
今井俊滿
フランク・ステラ
スティーブン・ポラック
クリスト
森村泰昌
川島猛
ロッカクアヤコ
渡辺信子
大槻透
ジョージ・シーガル
松蔭浩之
古家新
南谷富貴
といったアーティストの作品が展示される予定です。



▼続きを読む▼
posted by しまラジ! at 07:00| 香川 ☁ | TrackBack(0) | ○アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月14日

9月16日START!「三都半島アートプロジェクト2023―自由な時間―」

220330_三都半島 (5)00.JPG
ダイダラウルトラボウ(伊東敏光+広島市立大学芸術学部有志)


昨年の瀬戸芸で注目を集めた「ダイダラウルトラボウ」をはじめ、
数々のアート作品が点在する
小豆島 三都半島(みとはんとう)の神浦(こうのうら)地区


ここで2014年から行われているのが、
広島市立大学芸術学部と連携した「三都半島アートプロジェクト」


今年は9月16日(土)〜10月9日(月祝)の24日間開催されます。


▼続きを読む▼
posted by しまラジ! at 07:00| 香川 ☀ | TrackBack(0) | ○アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月13日

あと2週間/もうひとつの芸術祭

stamp.jpg

7月8日から小豆島で始まったもうひとつの芸術祭
島内の美術館やギャラリー、カフェやお寺などにアート作品が展示され、
観光やグルメを楽しみながら各スポットを回ってアートを鑑賞、
ついでにスタンプラリーもできちゃうイベントです。

上の写真はワタシがこれまでに集めたスタンプ。
島へ行くたびに数か所ずつ回って、今までに9個のスタンプを集めました。
期間中にあといくつGETできるかな〜。

今日は、ワタシが訪れた施設の一部を紹介します。


230721_素麺ギャラリー (7)00.jpg

[フォトギャラリー素麺オジサン]

素麺オジサンこと塩見基さんの写真と、
妖怪美術館マネージャーの野村充史さんの写真、
そしてデジタルアーティストのMAYUさんの作品が展示されています。

230721_素麺ギャラリー (4)00.jpg

塩見さんの写真は、醤の郷現代美術館にも展示されていますね。
小豆島の人々の、飾らない日常が切り取られています。

MAYUさんの作品は、オリーブの木と自筆の書を組み合わせた作品や、
小豆島に咲く草花の絵などを展示しています。

こちら、不定期にクローズする場合もあるので
事前に電話で確認してから行くのがおすすめです。


▼続きを読む▼
posted by しまラジ! at 07:00| 香川 ☁ | TrackBack(0) | ○アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月18日

もうひとつの芸術祭/小豆島アートプロジェクト

210823_ジョルジュルース (78)00.JPG
小豆島アートプロジェクト 代表 石井純さん


小豆島から芸術文化を世界に発信しようと活動を続けている小豆島アートプロジェクト

2019年はジョルジュギャラリー
2022年は醤の郷現代美術館で瀬戸芸にも参加しています。


「瀬戸芸はイベントだから3年に1回だけど、うちの美術館やギャラリーは常設なので
瀬戸芸がない2年間も、地域と一緒にアートに触れる活動をしたいと思い、
今年、第1回 もうひとつの芸術祭を開催します」



▼続きを読む▼
posted by しまラジ! at 07:00| 香川 ☀ | TrackBack(0) | ○アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月17日

2月26日(日)は芋煮会/「タカヤくんとその仲間たち」展

230203_醤の郷現代美術館 (1)00.JPG

昨日は醤の郷現代美術館の展示即売会についてお知らせしましたが、
別館のMOCA HISHIO ANNEXでも企画展を開催中です。

230203_醤の郷現代美術館 (4)00.JPG

「タカヤくんとその仲間たち」展

3歳のときに自閉症と重度知的障害と診断されたタカヤさんの作品を展示しています。
鮮やかで生命力あふれるタカヤさんの作品。
動物や植物を描いたものが多く、そのモチーフの組み合わせ方や構図、色使いはまさに唯一無二。


タカヤさんの作品とあわせて、醤の郷現代美術館で所蔵するアールブリュット作品も10数点展示しています。

アールブリュットとはアートのジャンルの一つで、
直訳すると「生(なま)の芸術」、つまり美術大学などで専門の教育を受けていない人による芸術のことを指すそう。
ちぎり絵で有名な山下清の作品も展示されています。


▼続きを読む▼
posted by しまラジ! at 07:00| 香川 ☀ | TrackBack(0) | ○アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月16日

2月26日(日)まで/醤の郷現代美術館で展示即売会

210823_ジョルジュルース (99)00.JPG

瀬戸内国際芸術祭2023も終わり、島のアート界隈は静かですが
ここは瀬戸芸関係なくいろいろとおもしろいことをやっています。

2022年にグランドオープンした醤の郷現代美術館
1月から、第4回展示即売会を実施しています。


230203_醤の郷現代美術館 (11)00.JPG

ずらりと並んだ作品の隣には、いつもはないプライスカードが添えられています。
すでに購入予約が入ったものは赤いシールが貼ってあるとのことでしたが
結構貼られているなという印象でした。


▼続きを読む▼
posted by しまラジ! at 07:00| 香川 ☀ | TrackBack(0) | ○アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする