2024年06月30日

棚田の田植え体験&どろんこ遊び

240623_田植え体験 (60)00.JPG


先週、時折強い雨が降るなかで
中山千枚田で地元の小学生による田植え体験&どろんこ遊びが開催されました。


240623_田植え体験 (9)00.JPG


池田小学校の1〜4年生の子どもたち16人が参加した田植え体験。
最初に中山棚田協議会の九野会長から
「天気だけが心配ですが、、、
棚田は急傾斜地が多いのではしゃぎすぎてケガをしないよう、気を付けながら
棚田に親しんでもらえたら」と挨拶がありました。



240623_田植え体験 (37)00.JPG


その後、数人ずつ3枚の田んぼに分かれて田植えがスタート。

香川大学農学部の学生さんや
棚田協議会のメンバーがサポートするなか
昔ながらの方法でていねいに手植えしていきました。


▼続きを読む▼
posted by しまラジ! at 07:00| 香川 ☁ | TrackBack(0) | ○歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月24日

大きな木の下で/島の巨木に会いに行こう

IMG_3719.jpg
小豆島霊場第54番宝生院のシンパク


小豆島は巨木の宝庫。
普段、ビューっと車で走っていると気づきにくいんですが、
歩き遍路などでゆっくり歩いていると、
「わ、こんなところにこんなに大きな木が!」
「あ、ここにも!」と、
次々に大きな木と出会います。

近くにいるだけで、いい“気”のようなものをもらえる気がするので
大きな木、大好き💕

ということで、ワタシがこれまで出会った島内の巨木の一部を紹介します。



▼続きを読む▼
posted by しまラジ! at 07:00| 香川 ☁ | TrackBack(0) | ○歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月04日

大規模改修落成式が行われます/中山農村歌舞伎舞台

211003_農村歌舞伎 (24)00.JPG
改修前の中山農村歌舞伎舞台



つい先日、大規模改修工事が完了した中山の舞台。
改修費用のためのクラウドファンディングでは目標を大きく上回る金額が寄付され、
さまざまな方面からの支えがあって完成まで辿り着きました。

その舞台の完成を記念した落成式が行われます。


落成式

≪日時≫
4月14日(日)13時〜

≪内容≫
亀山八幡宮宮司による祝詞
三番叟
来賓あいさつ
餅投げ
舞台内覧会
※内容は一部変更の可能性あり


工事中は長い間姿を見ることができなかった舞台が
きれいに生まれ変わってお披露目されます。
また、普段なかなか見ることができない舞台の見学もできる貴重な機会。

誰でも参加可能なので、ぜひ新しくなった中山の舞台の完成を
みんなで一緒にお祝いしましょう。


≪関連記事≫









posted by しまラジ! at 07:00| 香川 | TrackBack(0) | ○歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月03日

島で独自に発展した小豆島農村歌舞伎を次の世代へ

240316_小豆島歌舞伎シンポジウム (58)00.JPG


昨日に引き続き、今日も中山の歌舞伎のお話。
先日行われたシンポジウムの詳細をお伝えします。


240316_小豆島歌舞伎シンポジウム (55)00.JPG


シンポジウムでは、肥土山と中山の歌舞伎保存会の方をはじめ
さまざまな専門家の方のお話を聞くことができましたが
驚いたのが小豆島の農村歌舞伎には小豆島独自のものがたくさんあるという点でした。


基調講演を行った安田文吉氏(東海学園大学 客員教授・南山大学 名誉教授)によると
小豆島には「島出来」と呼ばれる島独自の作品があるとのこと。
たとえば星ヶ城城主の佐々木信胤にまつわる伝承を元にしたものなどがあり、
これは、小豆島が瀬戸内の要所であるため歴史のなかで常に戦や事件に巻き込まれていて、
そのたびに島民たちが一丸となってその苦難を乗り越えてきたため、
そうした出来事を伝える歌舞伎演目が作られ上演されてきたということです。

また、今も中山で上演されている演目「小豆島」は、
元々は大正2年に東京歌舞伎座で初演された大歌舞伎作品であったものの、
現在は全国でも中山だけで上演される演目となっているそうで、これもめずらしいことなんだそうです。

「小豆島には、こういう独自のものを作り上げて伝承していく熱意が限りなくあると感じます。
子ども歌舞伎が残っていることも、次世代へと受け継いでいくために重要なこと。
地芝居独自の演出や筋書があって、大歌舞伎とは違うぞという、
そういうものが小豆島には残っています」
と安田先生はおっしゃっていました。


▼続きを読む▼
posted by しまラジ! at 07:00| 香川 | TrackBack(0) | ○歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月20日

国の重要無形民俗文化財に指定へ/小豆島農村歌舞伎

221009_農村歌舞伎 (37)00.JPG


小豆島町中山と土庄町肥土山で
地域の人たちが大切に受け継いできた
小豆島農村歌舞伎
国の重要無形民俗文化財に指定される見通しになりました✨


211003_農村歌舞伎 (24)00.JPG


中山と肥土山の歌舞伎舞台はそれぞれ、
すでに国の重要有形民俗文化財に指定されています。
舞台と歌舞伎が「有形」と「無形」の両方で指定されるのは全国ではじめてのことです✨


240114_中山ガイド研修 (18).JPG


中山の農村歌舞伎舞台は、
老朽化が進んでいたため昨年から大規模改修をしています。
そのためのクラウドファンディングも実施し、
全国からたくさんの支援が寄せられました。



中山の棚田 (7)00.JPG

また、中山では、歌舞伎だけでなく
中山千枚田での米作りや虫送りといった風習も含め
中山特有の伝統や文化を後世に伝えていこうとさまざまな取り組みが行われています。


今回、歌舞伎が有形民俗文化財に指定される見通しとなり
これをきっかけにまた多くの方の関心を集め、
独自の文化を守り伝えていく後押しとなるといいですね。



posted by しまラジ! at 07:00| 香川 ☁ | TrackBack(0) | ○歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月19日

中山を地元ガイドとともに散策/モニターツアー開催

240114_中山ガイド研修 (12)00.JPG


急な斜面に約800枚の田んぼが並ぶ中山千枚田を中心に、
湯船の湧き水や虫送り、春日神社の奉納歌舞伎など
さまざまな文化や伝統が息づく中山地区。

この中山の魅力を多くの人に知ってもらおうと、
小豆島観光協会ではガイド付きツアーを造成しています。

先週、その地域ガイド研修のモニターツアーが行われていたので
少し取材させてもらいました。



▼続きを読む▼
posted by しまラジ! at 07:00| 香川 ☀ | TrackBack(0) | ○歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月07日

小豆島と庵治半島の狛犬パネル写真展

0001.jpg

小豆島の狛犬探究会が小豆島を飛び出して
石と言えば『庵治』の半島に牟礼、さぬき市と狛犬や石像の
探索、研究をしてキマシタ。

IMG_9105.jpeg

今までの成果をまとめて見られるパネル写真展が
今月20日から、牟礼町の石の民俗博物館で展示されマスよー。

期間 :令和3年2月20日(土)~3月21日(日) (月曜休館) 15時まで
場所 :高松市牟礼町石の民俗資料館エントランスホール(AM9:00~PM4:30)
    最寄駅ことでん「八栗駅」


狛犬を知れば地域の歴史が見えてくる!2回に分けての展示と
今回は講演会も開催されマス!

▼続きを読む▼
posted by しまラジ! at 06:00| 香川 ☀| ○歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする