2024年02月10日

太田昭生写真展/第16回 Gallery KUROgO企画展

240205_映画村kurogo (3)00.JPG


1月20日からスタートしている
二十四の瞳映画村 ギャラリーKUROgOの企画展へ行ってきました。

太田昭生写真展
「二十四の瞳」の原風景を求め、瀬戸内への旅
1月20日(土)〜4月7日(日)

タイトルに二十四の瞳の原風景、とあるように、
瀬戸内の島々に残る学校や子どもたちの学びの面影を収めた写真が並んでいます。


240205_映画村kurogo (11)00.JPG

香川県のみならず、岡山や愛媛、山口の離島にある廃校も撮影されています。

定期便もなく、泊まる宿もない島もあったそうで、
撮影に行くだけでもかなり大変だったことが想像できます。
そうして集められた島々の写真からは
かつてにぎやかだったころの面影と、今の静かな暮らしの空気が伝わってきます。


240205_映画村kurogo (4)00.JPG

最後の壁面には、戦争の遺構を写した写真も並んでいます。
これは、「二十四の瞳」は反戦文学でもあるということから。
毒ガスの製造や人間魚雷の基地など、瀬戸内の島は戦時中、
今の穏やかな景色とはまったく違う顔を持っていたんですね。


240205_映画村kurogo (13)00.JPG

太田昭生さんは、元高校教師。
小豆島には、学生時代にお世話になった、という方も多いのではないでしょうか。
元々、記録としての写真をずっと続けてこられたそうで、
これまでに瀬戸内の島の歴史や文化を写した写真集も出されています。


KUROgOでの企画展の期間中は、毎週土曜日に太田さんが終日在廊
撮影の裏話なども聞きながら展示作品を鑑賞できるだけでなく、
これまでの写真集も見せてもらいながら
瀬戸内の島々に実際に行って感じたことなどを直接聞くことができます。


企画展は4月7日(日)まで
ぜひ、太田さんが在廊している土曜日に訪れてみてください。



ギャラリーKUROgOへの入場は無料です
※二十四の瞳映画村入場料は必要




≪関連記事≫

posted by しまラジ! at 07:00| 香川 ☁ | TrackBack(0) | ○イベント・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月09日

2月のイベント情報などまとめ

IMG_20240208_0001.jpg

2月は観光客も少なくなり
比較的静かな時間が流れている小豆島ですが
今月は島民の方に向けて個人が企画するイベントがいろいろと予定されているので
まとめてご紹介します。


まずは、新春らしい落語会。

林家けい木 初小豆島☆落語の会
日程:2月18日(日)
時間:13時30分開場、14時開演
木戸銭:2,000円
会場:古民家 縁-えにし-
(小豆島町馬木甲923)


240205_古民家縁 (2)00.JPG

古民家 縁は、これまでにもさまざまなワークショップや
出張サロンなどに利用されている貸スペース。
立派な家具や調度品が並ぶ趣きある古民家で、
生の落語を間近で体感してみませんか。

問合せ・申し込みは
チョークアートでおなじみの梵こずえさんまで
bonchang.kanban.a@gmail.com


onda_イベント_IMG_9498.jpeg

はるまちマルシェ
日程:2月18日(日)
時間:10時〜15時
会場:小豆島オリーブ公園 サン・オリーブ2階和室

「春を心(こころ)待ちに、此処(ここ)に来て、個々(ここ)に楽しむ」をテーマに
雑貨やアロマ、スイーツ、整体、子ども料理教室などさまざまなブースが出店するマルシェ。


240114_草壁月市 (13)00.JPG

主催しているのは、昨年ふろしき王子を招いてのワークショップを企画した中武陽子さん。

「こどもとママが、一緒に楽しめるマルシェができないかと思い企画しました。
春へ向けて、新しい自分、わくわくを感じられるような時間を過ごしてほしい。
こどもとママが同じ空間にいながらも、それぞれの時間を楽しんでほしい。
そんな思いを込めています。
また、出店者にも駆け出しの方が多いので、それも含めて
芽吹くときを待つという気持ちで「はるまち」という名前にしました」

[出店者]
💠honoma(アロマセッション)
インスタグラム @shiho_honoma.ma

💠こども料理教室 シェフ☆きっず小豆島教室
インスタグラム @chefkids_sima.n

💠ときめき百貨店onda(小物雑貨販売、顔タイプ診断)
インスタグラム @yoko.onda.nami

💠ゆに♡べりぃ(アクセサリー販売)
インスタグラム @uniberry0512

💠情報推命学鑑定士KIYOTO(エナジーから樋本ク2024年「役割・運勢・開運行動」)

💠Mimosa-Labo(島のいいもの、スイーツ・ご飯販売、ヘルシーおやつワークショップ)
インスタグラム @mimosa_labo

💠是日堂整心体(やさしく触れて整える整体)
インスタグラム @korenichido_seitai

💠是日堂のやきもの(陶器販売)



▼続きを読む▼
posted by しまラジ! at 07:00| 香川 ☁ | TrackBack(0) | ○イベント・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月07日

音と香りで「気」を整える/ヒーリングワークに行ってきました

240205_ヒーリングワーク (4)00.JPG


不思議な世界の扉を開けてしまった・・・✨

先日、岩谷のとある場所で開催されたワークショップに参加してきました。
講師は、瀬戸内アロマシードの大空さん
上の写真は、水晶でできた木琴=水晶琴(すいしょうきん)を奏でている大空さんです。


240205_ヒーリングワーク (10)00.JPG


まずは432ヘルツの音を出す水晶琴で脳をリラックス。

次に、8種類のアロマオイルからその日の自分の体が求めるものを選んでブレンドしてアロマミストを作り、
最後に島の植物を使ったナチュラルアロマディフューザーを作れるワークショップです。


▼続きを読む▼
posted by しまラジ! at 10:00| 香川 ☀ | TrackBack(0) | ○イベント・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月30日

2月4日(日)はヤマロク祭り

230129_木桶フェスティバル (14)00.JPG


2月4日(日)、毎年恒例のヤマロク祭りが開催されます✨

ヤマロク祭り2024
日程:2月4日(日)
時間:9時〜16時
場所:ヤマロク醤油(小豆島町安田甲1607)

今日の「瀬戸内しまラジ!」では
ヤマロク醤油の山本康夫さんにご出演いただき、
木桶醤油造りについてお話しいただいています。


230118_ヤマロク (8).JPG


「今、うちでは今は全量木桶で醤油を造っています。
でも、自分の代はいいけれど
次の世代は大丈夫かということを考え始めたんですね。
それで、会社としての経営理念を
“子や孫の世代に本物の木桶醤油を残したい”というふうに決めて、
それを目指してすべて行動するようになったんです」

そうして木職人復活プロジェクトが始動。
毎年1月末(今年は2月頭にかかりましたが)に行われる
木桶による発酵文化サミットヤマロク祭り
木桶作りの様子を公開してきました。

220123_ヤマロク (90)00.JPG


今年のヤマロク祭りの詳細は以下の通り。


【タイムテーブル】

10:00〜 20石新桶の底入れ
11:00〜 お菓子投げ
      タガフープ小豆島予選
12:00〜 お菓子投げ
13:00〜 フライングペーパー
13:10〜 タガフープ世界選手権大会
14:00〜 フライングディナー


【出店】
・ベストフード(全国の木桶醤油を使用した加工品)
・UCHINKU
・焼肉 道草
・池田漁協キッチンカー
・小豆島焼きそば


そして今回は、被災地への支援も実施。
鶴醤を、通常の半額以下となる300円で販売し、
売上の全額、つまり300円を日本赤十字社に義援金として送るそうです。
木桶職人復活プロジェクトの仲間である、輪島市の谷川醸造さんのもろみ蔵を含む工場が全壊。
仲間の谷川醸造さんと能登半島の方々を応援しようと、今回の試みが行われます。


210915_ヤマロク (27).JPG


「木桶職人復活プロジェクトで木桶職人さんに弟子入りして
自分たちで木桶を作る技術を身につけました。
それを自分たちで作るだけじゃなく、技術をオープンにして全国のいろんなメーカーと協力して
1%しかない木桶醤油の市場をみんなで奪い合うんじゃなく、
みんなで協力して木桶をPRしながら1%を2%にしようと活動しているんです」


今年も、2月4日のヤマロク祭りの前には
1月29日〜2月1日は木桶職人の技術交流、
2月2日と3日は木桶による発酵文化サミットが行われ、
木桶醤油や木桶で造る発酵食品のメーカーが集まって
意見交換や技術交流を行います。

220112_ヤマロク (27).JPG


近年は海外に向けた出荷も増えている木桶醤油。
「醤油は発酵食品で、木でできた容器で熟成している。
つまりワインやウイスキーのようなものだ」と説明すると
海外の方には木桶醤油が蔵ごとに味が違うことなどがよく理解してもらえるそうです。

「小豆島がワインでいうボルドーやブルゴーニュのような産地になることで、
小豆島を訪れて木桶醤油を知った人がその後リピーターになって
全国の醤油蔵を巡ってもらえるようになるといいですね」


≪関連記事≫


posted by しまラジ! at 07:00| 香川 ☁ | TrackBack(0) | ○イベント・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月28日

来週2月4日(日)は草壁月市

240114_草壁月市 (2)00.JPG

毎月第1日曜に、草壁港の元チケット売り場で開催されている草壁月市

2年目に突入し、初回から毎月出店している方もいれば
新しく参加する方もいて、
毎回バラエティに富んだ商品の数々が並びます。

今日は、先月1月14日の草壁月市の様子を、
比較的出店回数の少ないお店を中心にお伝えしますよ〜。

240114_草壁月市 (16)00.JPG

こちらは手づくりジャムのAnriさん。
草壁月市の出店は2度目で、これからは毎月出店&3月からはフレトピアでも出店予定だとか。
調理師の岡田さんが作ったジャムやマーマレードが種類豊富に並びます。

ちなみに岡田さんはニット(編み物)の教室もしていて
この日のお召し物も自分で作られたそう。


240114_草壁月市 (18)00.JPG

スイートスプリングネーブルといった小豆島産の柑橘だけでなく
鹿児島産のサワーポメロというめずらしい柑橘や、
洋ナシ林檎など、産地から取り寄せたフルーツも使っています。
全部試食してから買えるのがうれしいですね。


▼続きを読む▼
posted by しまラジ! at 07:00| 香川 ☁ | TrackBack(0) | ○イベント・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月26日

週末の小豆島

unnamed.jpg

先日、午前中から昼過ぎまで取材が詰まっていて、
完全にランチを食べ逃したしまラジ班。
14時過ぎ、どこかワタシたちにご飯を食べさせてくれるお店は…とたどり着いたのが
池田の喫茶店、ラグタイム

ハンバーグドリアにカレー、ピラフ、スパゲティ、グラタンと
この時間でも豊富な食事メニューがどれでもオーダーできます。

240117_ラグタイム (3)00.JPG

エビフライカレー

240117_ラグタイム (6)00.JPG

海老グラタン

いつでも食事ができるお店って、結構貴重ですよね。
ジャズの流れる昔ながらといった雰囲気の店内に、
まったり癒された冬の午後でした。


▼続きを読む▼
posted by しまラジ! at 07:00| 香川 ☁ | TrackBack(0) | ○イベント・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月23日

小豆島を歩いて、食や文化を満喫/第2回オンガス参加者募集中

DSCF9013.JPG
第1回開催の様子


2022年12月に第1回目が開催され、
富山県から沖縄県まで幅広い地域から200人を超える参加者が集まった
ONSENガストロノミーウォーキングin小豆島

略して「オンガス」

みなさんお待ちかねの第2回開催が決定❗❗現在参加者を募集しています。


第2回 ONSENガストロノミーウォーキングin小豆島
日程:3月16日(土)
時間:9時45分〜11時まで6班に分かれて15分刻みでスタート(集合はスタートの45分前)
¥:大人6,000円、子ども(中学生以下)4,000円


今日の「瀬戸内しまラジ!」放送では
第2回ONSENガストロノミーウォーキングin小豆島 実行委員長で
オリーブ園代表取締役の永井順也さんにご出演いただき
第2回の見どころ、楽しみ方についてお話しいただいています。



▼続きを読む▼
posted by しまラジ! at 07:00| 香川 ☀ | TrackBack(0) | ○イベント・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする