2022年09月30日

明日から! 壺井栄文学館で企画展開催

bungakukan02.jpg

二十四の瞳映画村内にある、壺井栄文学館📖
壺井栄の代表作である「二十四の瞳」の原稿などを展示するこの文学館で、
明日から企画展が始まります

萩原朔太郎大全2022共同展覧会
「80年の時を経て小豆島で繋がった4人の作家」

会期:2022年10月1日(土)〜2023年1月10日(火)
料金:無料(ただし二十四の瞳映画村入村料必要)

大正から昭和にかけて活躍した詩人、萩原朔太郎の没後80年にあたり
朔太郎大全実行委員会(前橋文学館)が主催する
「萩原朔太郎大全2022」の共同展覧会に参加するもので、
壺井栄文学館では「80年の時を経て小豆島で繋がった4人の作家」と題し、
萩原朔太郎、生田春月、壺井栄、壺井繁治の関係を再考し展示します。

bungakukan03.jpg

そして10月9日(日)には関連行事も開催

前橋文学館館長 萩原朔美氏講演会
「誌の中の映像、映画の中の詩」

日時:10月9日(日)13時〜14時(12時30分〜受付)
会場:二十四の瞳映画村 松竹座
定員:30人(要事前申込、先着順)
申込方法:壺井栄文学館に電話にて申し込み(0879-82-5624)
料金:無料(ただし二十四の瞳映画村入村料必要)


bungakukan.jpeg


萩原朔美(はぎわらさくみ)さんのプロフィールはこちら

1946年11月14日、東京生まれ。映像作家、エッセイスト。
多摩美術大学名誉教授。
金沢美術工芸大学客員教授。
母は小説家の萩原葉子、母方の祖父は萩原朔太郎。
1967年、寺山修司主宰の演劇実験室・天井桟敷の立ち上げに参加、俳優・演出家として活躍。
1975年、月刊誌「ビックリハウス」をパルコ出版より創刊し、初代編集長を務める。
著書に
『「演劇実験室・天井桟敷」の人々』(2000年)
『毎日が冒険』(2002年)
『死んだら何を書いてもいいわ』(2008年)
『劇的な人生こそ真実』(2010年)ほか多数。
2016年より前橋文学館館長、2022年4月よりアーツ前橋アドバイザー。


211107_寒霞渓 (25)00.JPG

アートの秋、文学の秋
この機会に、日本近代文学の世界に浸ってみてはいかがですか


≪関連記事≫






posted by しまラジ! at 07:00| 香川 ☔ | TrackBack(0) | ○イベント・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月13日

【告知】かがわ島フェスタ2022 in サンポート高松

島フェスタ表.jpg

こちらのイベントは台風接近のため中止となりました


9月19日(月祝)、
高松市のサンポート高松 多目的広場で
かがわ島フェスタ2022が開催されます

小豆島町商工観光課の担当者いわく
「小豆島はSDGsで参戦します!!」
とのこと。

ん??
石とSDGs??

ということで、今日の「瀬戸内しまラジ!」放送では
商工観光課のおふたりにご登場いただき
島フェスタについてお聞きしています💓💓

220906_島フェスタ (32)00.JPG

小豆島町商工観光課の
塩田琴美さん(左)と、
商工観光課(併任生涯学習課)で学術専門員の
川宿田好見さん(右)

かがわ島フェスタは、
離島と本土の交流促進、離島相互の交流促進を目的に
子ども向けワークショップなどを行うイベント🎀
普段は島に行かないとできない、その島ならではの魅力に触れる体験ができます。
(香川県HPより)


さて、
石とSDGsとは…

220906_島フェスタ (18)00.JPG

川宿田さん:
「今回のかがわ島フェスタで小豆島町が行うのは
ドットアートのワークショップです。
小豆島に住むドットアート作家のなかがわゆきこさんによる
人気のワークショップです。
そのドットアートを施す素材は、小豆島町の花崗岩(かこうがん)でできたプレート。
裏に磁石が付いていて、マグネットとして使用できるんです」

220906_島フェスタ (20)00.JPG
丸いプレートの裏には磁石が付いています

小豆島を含む備讃諸島は、2019年5月に日本遺産に認定されました。
石に直接触れるドットアートを通して、石を身近に感じてもらいたい、日本遺産について知ってもらいたいという思いから、
石のマグネットにドットアートをするということになったそうです。

なるほど、の部分についてはわかりました

ではSDGsとは?

211102_SDGs研修 (23)00.JPG
港や観光施設に立っているこののぼは、TOP100選選出を受けて作ったもの


塩田さん:
「小豆島町は昨年、世界の持続可能な観光地TOP100選に選出されました。
これからの観光は、ただ人を集めるだけではなく、その土地の経済や環境、文化、
そこに住む人々の暮らしにも配慮した持続可能な形を目指さなくてはいけない、という世界的な流れがあります。
そんななか、小豆島においてもそんな持続可能な観光に取り組んでいくためのチャレンジとして挑戦した認証制度です」

持続可能な観光を通してよりよい地域づくりに尽力している自治体などがTOP100に認定されるんですね〜

ちなみに昨年は、日本全国から12の地域が選出されたうち、四国で選ばれた自治体は小豆島町だけでした。

220825_役場 (6)00.JPG

「町として取り組んでいる持続可能な観光SDGsについて知ってもらうために、
ドットアートを施す素材としてペットボトルのキャップでできたマグネットも用意しました」

小PXL_20220815_092150347.jpg
小豆島まつり会場のエコステーション(提供:小豆島町商工観光課)

これは8月15日に4年ぶりに行われた小豆島まつりの会場で
分別回収したペットボトルのキャップ。
きれいに洗って、内側に磁石を入れて紙粘土でフタをしています。
この紙粘土の部分にドットアートをするんですね〜

220825_役場 (5)00.JPG

これも磁石が入っているのでマグネットとして使えます


島フェスタ裏.jpg


かがわ島フェスタ2022
日程:9月19日(月祝)
時間:10時〜15時
会場:サンポート高松 多目的広場
備考:少雨決行、荒天時は中心の場合あり

ワークショップは無料です

小豆島町以外にも、さまざまな島の文化や自然について
知ることができるワークショップがいっぱい
ステージイベントもありますよ〜


≪関連記事≫
posted by しまラジ! at 07:00| 香川 ☁ | TrackBack(0) | ○イベント・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月09日

【告知】パワーストーンでオリジナルチャームを作ろう

220825_西山石材 (17)00.JPG

見てください
なんだか複雑な模様の
キレイな石ですね〜〜
実はこれ、小豆島ではおなじみの花崗岩(かこうがん)なんです

kakogan00.jpeg

花崗岩といえば、そう、こういうの
白黒のまだら模様のやつです。


そんな花崗岩を砕いてちょっと色付けし、
レジンで固めて丸くしたのがこの石。
石というか、ビーズですね。石を閉じ込めたビーズ

アクセサリー作家のERiさんが作ったもので、
今月、この花崗岩ビーズを使ったチャーム作りのワークショップが開催されます。


小豆島産花崗岩ビーズで作るオリジナルチャーム

日程:9月24日(土)・25日(日)
時間:
9/24
 @11時〜12時
 A13時30分〜14時30分
 B14時30分〜15時30分
9/25
 @10時〜11時
 A12時〜13時
¥:1800円
会場:石の店 西山(小豆島町草壁本町1055-2)
定員:各回4人
備考:要予約
問合せ・予約は石の店西山まで
0879-61-2622

220825_西山石材 (2)00.JPG

石の店 西山は、ミノリジェラートのお隣🏠
店内のワークショップスペースで行います。

今回のワークショップでは、花崗岩ビーズを含むパーツを用意してくれていますが、
差額を支払えば西山さんの店内にあるパーツとの交換もOK


kakogan02.jpg

実は花崗岩は「グラナイト」というパワーストーンのひとつ。

グラナイトは石英、雲母、長石など複数の鉱石で構成される岩石で、
パワーストーンの意味としては、
エネルギーバランスを整える、
意志力を高める、
コミュニケーション能力の向上
などがあるとされています

220825_役場 (7)00.JPG

石の店 西山では、
花崗岩にドットアートをほどこしたペンダントやプレートなども販売しています。
日本遺産にも認定された石の島、小豆島
石を普段の生活のなかに取り入れるのは難しいと思っていましたが
こんなアイテムなら気軽に取り入れられそうですね

220825_西山石材 (5)00.JPG

今回のワークショップの講師は
花崗岩ビーズを作ったERiさん
小豆島らしい花崗岩を閉じ込めたビーズで
ひと味違うチャームを作ってみませんか。


≪関連記事≫







posted by しまラジ! at 07:00| 香川 ☁ | TrackBack(0) | ○イベント・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月06日

せとうち星山 寒霞渓スピリチュアルナイトツアー

第二展望台00.JPG

今日の「瀬戸内しまラジ!」放送では
寒霞渓ロープウェイ 営業部の
工藤真樹さんが出演
寒霞渓のナイトイベント、スピリチュアルナイトツアーについてご紹介いただいています

せとうち星山寒霞渓スピリチュアルナイトツアー2022表面.jpg

せとうち星山
寒霞渓スピリチュアルナイトツアー

8月19日〜10月29日の間の30日間
¥:4000円(要予約)
定員:20人
申込・問合せ:小豆島交通株式会社
0879-62-1203
またはこちらの予約サイトからも申込可能です
WEB予約は前日までですが、電話なら当日16時まで受け付けています


これは小豆島交通が催行するツアー。
参加者は夕食後に島内のホテルや港をまわるバスに乗って
ロープウェイの出発地であるこううん駅までやってきます
その後、ロープウェイで山頂まで行き、
山頂でコズミックメディテーションという瞑想をして
大地と宇宙とのつながりを感じることができるイベントです

220829_寒霞渓 (20)00.JPG

展望台からの絶景をバックに、寒霞渓のギバちゃん工藤さん📷
(ワタシは声が似ていると思いました。ぜひラジオで聞いてみてください!)

「通常は明るい時間しか運行していないロープウェイですが
このイベントのときだけは特別な夜間飛行を楽しんでいただけます。
こううん駅もブラックライトの演出で
宇宙ステーションのような雰囲気になっています。
真っ暗な渓谷をロープウェイで上ると、
普段見えている渓谷美や奇岩は見えませんが
普段見えない夜景を見ながら上がっていくことができますよ」

ロープウェイ00.jpg

「寒霞渓は、約1300万年前、
瀬戸内海でいちばん大きな噴火があったと言われている場所。
ロープウェイが通っているのはその噴火口にあたる部分です」

8月19日から始まって、9月、10月と予定されているこのツアー。
実施日は月の後半に集中していますが、これは月がだんだん欠けていく時期にあたります。
つまり月の明るさが星のじゃまをしない時期。
このイベントは天体観察をするものではないものの、
星のパワーがより強くなる日を選んで開催しているんですね

220829_寒霞渓 (9)00.JPG

最初にサラッと書きましたが
コズミックメディテーションって何??
と気になっている人も多いでしょう

「わかりやすくいうと瞑想です。
寒霞渓の大地と広い星空を感じながら
ゆったりとした呼吸で瞑想をして
大地や宇宙と一体になるひとときを過ごしていただけます」

ちなみに、曇っていても雨が降らない限りは屋外で通常の体験。
雨のときは室内でヨガの呼吸の体験をするそうです

こううん駅.JPG

ブラックライトで演出されたこううん駅
ここからナビゲーターによる案内が始まります

「全30日の日程のうち、10日が終わりました。
9月は16日の金曜から再開します。
8月も好評をいただいたこのイベント、
当日16時まで申込できるので急に当日思い立っても参加できますので
ぜひ夜の小豆島を楽しんでみてください」

平地より5℃ほど涼しい寒霞渓
夜はさらに冷え込みます
冷えたときのために1枚上着があると安心です。
また、山頂での移動や簡単な体操のために
女性の方はスカートやヒールは避けて
動きやすい服装で参加してください。

≪関連記事≫



posted by しまラジ! at 07:00| 香川 ☁ | TrackBack(0) | ○イベント・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月04日

【飛び入り参加OK】9/11は絵の具であそぼう!in小豆島

報道発表文書(夢P絵の具).jpg

普段は“やっちゃいけないこと”が、
思いっきりできるとなると
タガが外れて最高に楽しくなるものですよね

そんなイベントが9月11日に開催

絵の具であそぼう!in小豆島
9月11日(日)13時〜15時30分

会場:小豆島ふるさと村イベント広場
対象:小豆島町内の小学生以下の子どもとその家族
定員:200人(先着順)
¥:無料

小豆島町が推進する
「子どもの夢応援プロジェクト」の一環として開催されます。


220325_うみちかふらっと (1).JPG
会場のイベント広場(左側の屋外スペース)


当日の飛び込み参加もOK

講師の新宅百絵さんは、これまでにも全国各地で
「絵の具であそぼう!」プロジェクトを展開しています
その様子は公式Instagramをチェックしてみてくださいメッチャタノシソウ〜

手も足も、全身を使ってみんなで絵の具遊び🎨を楽しみましょう〜


イベントではアクリル絵の具を使用します。
服についた絵の具は洗濯しても落ちません。汚れてもいい服装で参加してください
肌についた絵の具はぬるま湯で洗えば落ちます
会場に専用の手洗い場はありません。各自ウエットティッシュ等で簡易的に絵の具を落として解散となります
絵の具は乾いた状態では色移りしませんが、車の座席などは念のためタオルやシートで保護しておくことをおすすめします
通常のアクリル絵の具を使うため、小さいお子様の誤飲などにはご注意ください



≪関連記事≫



posted by しまラジ! at 07:00| 香川 ☁ | TrackBack(0) | ○イベント・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月28日

讃備展/OSETTAIギャラリー田中

220827_ギャラリー田中 (13)00.JPG

小豆島町田面にある、
OSETTAIギャラリー田中で開催中の
「讃備展」に行ってきました〜

220827_ギャラリー田中 (30)00.JPG

ふるさと村から、三都半島へと向かって走っていると見えてくるこの外観。
このギャラリーは、
元々はオーナーの田中さんのお母さんのご実家🏠
空き家になっていたのを土曜だけギャラリーとしてオープン
日曜は絵画教室をしています

220827_ギャラリー田中 (25)00.JPG

田中さんの姪御さんが東京芸大に進学し、
3年前からここでグループ展を開催するようになりました。

220827_ギャラリー田中 (11)00.JPG

今回の讃備展では、東京芸大の学生、院生、卒業生のほか
岡山・香川出身の芸大生や芸大卒業生ら若手作家の作品が並びます。

220827_ギャラリー田中 (18)00.JPG

日本画が中心ですが、ほかにも陶芸作品や
漆の作品もあります。


220827_ギャラリー田中 (4)00.JPG

これは漆芸の技法「存清(ぞんせい)」で
マカロンを描いた作品。
かわい〜

220827_ギャラリー田中 (7)00.JPG

作品は購入も可能。
若い作家さんばかりということもあり
開催するたびに作風が少しずつ変わっていく人も。
そんな変化を見るのも楽しみのひとつです

220827_ギャラリー田中 (21)00.JPG

ここにくると楽しみなのが、お接待
お茶とお菓子をいただきました。


220827_ギャラリー田中 (16)00.JPG

そして作品だけでなく、
古いおうちの趣きある感じもまた素敵なんです。

讃備展は、残すところ今日8/28(日)と9/3(土)の2日間のみ。
ご都合のあう人はぜひ行ってみてくださ〜


≪関連記事≫

島内2ヵ所で開催中/デジタルアーティストMAYUさん個展

posted by しまラジ! at 07:00| 香川 ☁ | TrackBack(0) | ○イベント・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月15日

島内2ヵ所で開催中/デジタルアーティストMAYUさん個展

220428_東洋オリーブ (8)00.JPG

小豆島で活動するデジタルアーティストMAYUさんの個展が、
島内のヵ所で開催中です

220428_東洋オリーブ (3)00.JPG

東洋オリーブ売店前ギャラリー
「花のうつろい」
開催中〜9月25日まで


IMG_9785 4.JPG

百十四銀行内海支店
「MAYU デザイン展」
開催中〜9月15日まで

220428_東洋オリーブ (15)00.JPG

そして、明日8月16日〜20日までは
ニューヨークで開催されるグループ展に
オリーブをモチーフとし「平和」と「幸せ」を表現した作品「木漏れ日」
掛け軸にしたものを出品します
3ヵ所同時開催ですねスゴー


IMG_1756.JPG

MAYUさん、本来ならNYの会場へ行きたかったけれど叶わず
それなら島内の個展会場に在廊して来場者と交流しようと、
明日からの5日間、隔日で島内2つの個展会場にMAYUさんが在廊します

220428_東洋オリーブ (16)00.JPG


16日(火)東洋オリーブ
17日(水)百十四銀行
18日(木)東洋オリーブ
19日(金)百十四銀行
20日(土)東洋オリーブ


IMG_1776.JPG

2つの個展会場には、
NYに掛け軸として出品した作品を
それぞれタペストリーキャンバスに仕立てを変えて展示しています


220428_東洋オリーブ (49)00.JPG

「今日は終戦記念日、そして世界に目を向けると
ウクライナ情勢など多くの争いが起こっています。
平和の象徴であるオリーブをモチーフとした作品を通して
平和について考えるきっかけになればと思います」

どちらも長い期間開催されている個展ですが
まだ見に行っていない人はMAYUさんが在廊しているこの機会に
ぜひ足を運んでみてください


≪関連記事≫







posted by しまラジ! at 07:00| 香川 ☁ | TrackBack(0) | ○イベント・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする