2022年06月26日

7月2日は半夏生/タコを食べて虫送りに行こう

mushiokuri.jpg
2019年の虫送りの様子

日は半夏生(はんげしょう)
日本に古くから残る雑節のひとつで、
梅雨も終わりに近づき、農作物を育てる上でひとつの目安となるこの時期に
タコを食べる風習が西日本に残っています。

半夏生にタコを食べる理由は、タコの吸盤が強く吸い付くことにあやかって
農作物がしっかりと土に根を張り育っていくようにとの願いをこめているなど
諸説あるようです。

211020_池田漁協 (38)00.JPG

そんな半夏生の日に合わせ、日(金)時〜
池田漁業協同組合にてゆでダコの販売を行います!

ゆでて真空パックされているので
持ち帰ったらそのまま食べられるのがうれしいですね
量り売りなので値段はサイズによっていろいろですが
小さいものだと400〜500円
大きいものだと1000円前後になるようです。

こうした日本の食の風習、受け継いでいきたいですね


220601_中山千枚田 (1)00.JPG

そして小豆島で半夏生といえば、虫送り
今年は3年ぶりに復活です
開催日は日(土)。
来週、6月28日(火)朝の「瀬戸内しまラジ!」放送では
中山自治会長さんに虫送りの歴史や今年の開催について
お話いただいていますので、そちらもぜひお聞きください。

なお、火手(ほて)を持って参加する場合も見学だけの場合も、
千枚田までのシャトルバスなどはありません。
観光などで来られた場合は千枚田までの足を自分で確保しなければいけないのでご注意を。
最後まで見学すると島から高松へ出る最終フェリーはギリギリなので
可能なら宿泊することをおすすめします。
国民宿舎小豆島では、7月2日に宿泊すると虫送り会場までの送迎もしてくれるみたいですよ。


≪関連記事≫

posted by しまラジ! at 07:00| 香川 ☁ | TrackBack(0) | ○イベント・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック