2020年03月22日

田浦オリーブプロジェクト

IMG_6748.JPG

田浦オリーブプロジェクト代表の鈴木展子さんは
戦後すぐに、おとこ先生おなご先生に
連れられて小豆島、田浦の分教場にやってキマシタ。

IMG_6739.JPG

その時の思い出は『岬の分教場とちいさな村の物語』という
一冊の本に残されてイマス。

あとがきには、オリーブの木で段々畑の風情を取り戻したいと書かれ
今年のオリーブの日に10年来の夢が一歩、叶いマシタ。


IMG_6745.JPG

この日、集まったのは鈴木さんを応援する小豆島中の
仲間たち、40名ほど。

たくさんの仲間に囲まれてオリーブの木を先ずは
二十四の瞳になぞらえて12本、皆で手分けして植えマシタ。

IMG_6742.JPG

鈴木さんは自身のことを「工作のりみたいなもの」と
言いマス。

一緒に岬の分教場で学んだ仲間にとどまらず島内の
多くの人が鈴木さんのプロジェクトに関わってイマス。

「応援してくれる人が初めてできて。
 いろんな意見を聞いて軌道修正をしながらですよ」

オリーブの木がこの場所で少しずつ増えるように
集まった人達の夢も一緒に増え、大きくなっていきマス。

IMG_6736.JPG

「壺井栄さんのいう『みんな仲良く』という気持ちで
 全ての子ども達、大人達が仲良く過ごせる場所にしたいんです」

「小さな故郷のモデルになれるように」と
大きな希望を持ってみんなで一緒に育てていく畑ができマシタ。

IMG_6746.JPG

「二十四の瞳の新しい物語をみんなで紡いでいく
 田浦で始まる物語が始まったばかりです。
 このオリーブがすくすく育って集まる人達をつないでいって欲しい」

もっと若い仲間に話を聞いてよ、と困ったように笑う鈴木さんの
故郷を思う田浦のオリーブプロジェクト。

未来の小豆島を思う仲間たちの気持ちで
オリーブの木達も『みんな仲良く』育ってくれるはずデス。


分教場の同窓会〜池田正輔写真展へ

高峰秀子が愛した12本の映画

二十四の瞳を読み返そう!





posted by しまラジ! at 06:00| 香川 | ○日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする