2018年10月21日

高尾農園にお邪魔シマシタ

IMG_5602.JPG

オリーブの収穫、加工が行われている小豆島。
オリーブ植栽110年を迎え、
今日は小豆島オリーブ公園は大収穫祭が開催されマス。

IMG_5605.JPG

ぶらりと立ち寄った高尾農園でお会いしたのは
香川大学農学部4年の大川さん。
そして農林水産省から研修に訪れている山本さん。
また、神奈川県小田原市でオリーブ栽培をしている加藤さん。



IMG_5594.JPG

雨が降ってきたので、枝を切ってテントの中で収穫中デス。

香川大学4年の大川さんは『食品残渣』の研究をしていて
先生から高尾農園を教えてもらい収穫から採油までを体験しに来たそうデス。

IMG_5598.JPG

院生になって研究を続けたいと話してイマシタ。

IMG_5597.JPG

小田原市から来られた加藤さんは2年目の高尾農園訪問。
「昨年、初めてオリーブをこちらで採油してもらって
 フロスオレイやNYの品評会に出してみれば?と勧められたんです。」

IMG_5594.JPG

「去年はあまり良いと思わなかったんですが
 入賞したので今年はもっといいものをと思っています。」

フロスオレイに掲載され、NYでは銀賞を受賞しているそうデスよ。
ちなみに加藤さんが栽培しているのは
「ネバディロブランコとレッチーノです。」とのこと。

IMG_5599.JPG

小田原も雨が少なくないようで乾燥した地域が適している
オリーブ栽培には(まあ、国内どこへ行っても)難しいと話してくれマシタ。

IMG_5604.JPG

高尾農園の高尾さんは
「収穫の時に雨と言うか水分が実にどれだけ影響するかは
 果実の熟度も関係しているので・・・あとは企業秘密。」と笑ってイマス。

IMG_5603.JPG

テーブルの上には実を傷つけないよう毛布が敷かれ
このあと、選果作業に入りマス。

実のより分けはもちろん、ここで枝がまだ付いたものがあれば
きれいに除けて・・・洗浄、採油作業になりマス。

IMG_5595.JPG

なので少し手伝ってイマシタが本気モードに入る前に退散のふくろう。
「小田原の加藤さんに負けないように今年も頑張らないと。」
と言う高尾さん。

人気で即完売になりかねない新漬けオリーブはANAフェスタで。

また今日、大収穫祭開催中のオリーブ公園では
今年初の小豆島産、高尾農園のEVオリーブオイルが見つかるかもデス。



<関連記事>

高尾農園、NYで2度目の受賞

OLIO NUOVO DAYS 続報 〜高尾農園

オリーブまるごと〜株式会社テルシタ

オリーブ牛から日本の食を考える

小豆島の冬野菜〜醤菜

小豆島産EVオリーブオイル勢ぞろい

フロスオレイ世界オリーブオイルガイドブック

小豆島オリーブ公園、大収穫祭2018









posted by しまラジ! at 06:00| 香川 ☁| ○オリーヴァー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする