2018年07月25日

小豆島天然カブトムシ

IMG_3940.JPG

夏休みに小豆島に行こう!と言うご家族の方。
お子さんの喜ぶ「カブトムシ」が今年も小豆島町馬木で
格安販売されておりマスよ。

「MAXお盆頃まで、ですかね。
 生き物なのでいなくなり次第終了になります。」

IMG_3941.JPG

小豆島の天然のカブトムシたちの販売をしている
夢虫(むちゅう)は国道436沿い馬木にありマス。

山下 裕由さんと歩さんご家族に今年もお会いしてキマシタ。
うーん!カブトムシのかおりー・・・




IMG_3945.JPG

「ここ(馬木)から坂手までウォーキングしてたら
 昔は行って帰るまでに20匹はカブトムシを捕まえていたんです。」

カブトムシ、ノコギリクワガタは水銀灯に引き寄せられるそうで
「木の中にいるヒラタなんかと違って見つけやすいですね。」
と山下さん。

IMG_3939.JPG

最近では外灯を点けなくなった場所もあり町中で見つけるのは
難しくなってんだそうデスよ。

「水銀灯もね、製造が終わるので寿命がきたらLEDに代わって
 虫は寄ってこなくなりますね。」

IMG_3937.JPG
怒ってるー

夏の昆虫愛好家にはなかなか厳しい現代のようす。
夢虫さんでは、どうやってこんなにたくさんの
カブトムシやクワガタを集めているんでしょうか・・・

IMG_3938.JPG
ヒラタのメス

「昼間に蛾やスズメバチが多いな、という木を見つけておいて
 夜9時、10時にそこに行くとスズメバチは巣に帰って
 代わりにカブトムシと・・・えらい色したムカデとかがいますね。」

気軽に昆虫採集というには難儀そうデス。

0613007_R-b7e64-thumbnail2.jpg

でも夏休みにせっかく小豆島に来たんだしと言う方は
「水のあるところ、川だったりダムだったり
 水を吸い上げている木を探せば、もしかしたら。」とのこと。

まーそんな頑張らなくても夢虫さんにくれば
「小さめの3,4匹をカゴと餌をセットにして500円で分けています。」

IMG_3935.JPG

そして今年の目玉は体調6,3cmのヒラタ。
コチラはメスとセットで4000円。

営業時間は基本は平日の午後から夕方4時まで。
「昨年は昼間のうちに購入して、車でいろいろ巡ってから
 夕方に取りに来られる方が多かったですねー。」

IMG_3944.JPG

取り置きもOKな夢虫さん、今年も期間限定で
オープンしておりマスよ!


※土日祝に営業していることもありマス
※午後5時くらいまでは店内に人がいるので取り置きの方は要相談。



<関連記事>

カブトムシプレゼント秘話(三木卓)

浸しコッペ登場〜MORIKUNI BKERY

人気のオムレット〜平和堂

豆モビでGO〜醤の郷

オオムラサキに出会う〜苗羽小学校研究発表会

島の子ミュージアム、はじまるよー

小豆島Short ×2(坂手みなとまつり)

醤の郷散策ガイド〜京宝亭

2018小豆島町の夏まつり

夏休み前、ジャンボフェリー情報

posted by しまラジ! at 06:00| 香川 ☀| ○お土産・贈り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする