2018年05月31日

小豆島・米米クラブ

IMG_2778.JPG

小豆島町二面にお邪魔しておりマス。
ものすごく風の通る、気持ちのいい場所デスねー!

この辺に椅子でも出してビールでも飲んでいたいや!

IMG_2786.JPG

って気分ではありマスが
実はこちらの集落では珍しい米作をしてると伺いマシて・・・

お話を聞かせていただいたのは米米クラブの大下敦さん。




IMG_2767.JPG

「二面の集落は真ん中が田んぼなので荒らすわけにはいかないんですよ。」
と、仕事をしながらまた年を取ってからも楽に米作りができないかと
始めたのが『種もみの直播』

たまたま、本を読んで気になったので
直播用の農機具の会社に連絡をして説明を受けに行かれたそうデス。

IMG_2790.JPG

20年前に7人グループで始めた直播の米作りは
「ミルキークイーンという種類でもち米に近い粘りの強い米ですね。
 蒲生の子どもセンターと自家消費用、少しだけ国民宿舎小豆島に
 卸すこともあります。」

たまたまこのお米に当たった宿泊者の方から
『小豆島の米がうまかったので譲ってくれないか』と問い合わせがあったことも!

IMG_2781.JPG

こだわりの農法、難しいんでしょうか?と伺うと
「作業量は普通に田植えをすることを考えたら五分の一ですよ!」

普通、田植え前には種もみの準備から始まって
苗づくり、そして水の張った田んぼで田植え、夏には柔らかな田んぼで
足を取られながらの草刈り・・・

IMG_2782.JPG

「種もみを撒く前に下草を枯らせて、機械で種まき。
 水は他の田んぼと合わせて張りますけど、もともとの土壌が固いんです。
 そして種から根が出るので普通60cmくらいの根っこが90cmにはなってる。
 草刈も土壌が固いうえに苗が丈夫だから踏んじゃっても大丈夫。」

台風の時期にも全くというほど倒れないんだそうデス。
根っこ、すごい!!

IMG_2773.JPG

「稲刈りが終わっても田おこししないんです。
 そのまま根っこが張った穴の横にまた翌年、まきます。
 水も酸素も入りやすいんで。」

と言う田んぼ、お話の通り昨年の稲の後の横に苗が並んでいるのが見えマス。
苗があるのに水がないのはなんだか不思議な光景デス。

IMG_2770.JPG

現在、米米クラブでは自家所有の田と、その倍もある他家の田んぼで
直播農法の米つくりをしてイマス。

「千枚田でも楽に米作りができれば
 休耕田が少なくなるのではと、試しにやってみているところです。」

IMG_2776.JPG

小豆島では米米クラブのみがこの米作りをしてイマスが
全国ではそう珍しいものではないようす。

IMG_2775.JPG

あと・・・最後に突っ込んでいいデスか?米米クラブって!!
「うちはカタカナのクラブです。」と芽の出た田んぼを
いとおしそうに眺めながら笑ってくれマシタ。




<関連記事>


31番 誓願時〜星と巨木と石庭と

千枚田で田植えが始まってイマス。

高尾農園、NYで2度目の受賞

三都半島をドライブしよう!〜長崎の猪鹿垣

ふくろう遍路〜三都半島完結

夢くん、来夢くんに会ってキマシタ〜小豆島ふるさと村

小豆島short×2(シーカヤック)

小豆島Short×2(釣り体験)

まわるまわる流しそうめん〜小豆島ふるさと村

posted by しまラジ! at 06:00| 香川 | ○日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする