2017年08月06日

小豆島でお魚を食べられるお店〜暦

IMG_6066.JPG

先日ようやく、暦を予約してお邪魔してキマシタ。

瀬戸内国際芸術祭2016食のプロジェクトにも選ばれた
「本からうまれる一皿」には壺井栄さんの物語がありマシタ。

IMG_6062.JPG

人気の企画がお店になり
壺井栄さんも使ったという渡し舟乗り場そばで開店中デス。

元々の企画では「島の産業をPRすることもあった」と
岸本さんの言う通り、お店でも小豆島の食材がふんだんに使われてイマス。




IMG_6078.JPG

この日、前菜で出していただいた『南京ふし』

「池田の方で50年以上前に家庭料理で茹でたふし(素麺のふし麺)と
 南京をサラダにしていたと聞いて、今の人がおいしく感じるように
 ふしは揚げてオリーブオイルを合わせて生まれ変わらせました。」

こんな風に昔、小豆島の家庭で作られたメニューを新たにしたり・・・

IMG_6064.JPG

「長浜の方ではレンコンをピーナツ和えにした料理を聞いて来て
 二十四の瞳に出てくる一本松、今『竹生(たこう)の一本松』と呼ばれて
 実際にあるんですけど。ピーナツに松の実を加えて・・・」

・・・ちょっと待った。タコと和えて、たこ(う)の(一本)松デスか。

って言うような楽しみがあったりデスね!
物語、いろんな方向性で今も続いておりマスね?

IMG_6068.JPG

今回ふくろうがお願いしたのは「お昼の定食・小豆島」
前菜にお刺身(初めて食べたアコウの刺身は旨ー!!)
焼き物、揚げ物、小鉢にかきまぜご飯、素麺汁。

IMG_6070.JPG

物語や小豆島の暮らしが見えてくるお料理の数々デス。
ミニコースにはこれにもう2,3種ついてまいりマスよー。

IMG_6069.JPG

大人気の「暦(こよみ)」は今のところお昼も予約が必要デス。
1週間前だと大丈夫!とのことデスので、気になる方はお出かけ前にご予約を。

IMG_6072.JPG

旬のお魚がいろんな種類食べられるお店でもありマス。


ご昼食(11:30-14:00)
・お昼のおまかせごはん 800円
・お昼の定食「小豆島」 1200円
・ミニコース「はしり」 2000円要予約
・コース「暦」 3500円〜要予約
※コーヒー、紅茶、甘い物もあり

ご夕食(18:00-21:00)
・夜のおまかせごはん 1600円
・コース「暦」 3500円〜要予約
※アラカルトもあり


<関連記事>

暦〜壺井栄さんと

竹生の一本松

小豆島Short Short(渡し舟)

二十四の瞳映画村に浴衣でお出かけしましょー

野の花弁当〜野の花ののか

キッチンUCHINKU

posted by しまラジ! at 06:00| 香川 ☁| Comment(0) | ○グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。