2017年05月17日

棚田の会

IMG_4109.JPG

香川大学農学部棚田の会を結成して
中山千枚田の保全活動をしてシマス。

先週末は小豆島町役場農林水産課の協力のもと
中山千枚田で田植えなどを行いマシタ。

IMG_4078.JPG

農林水産課の棚田保全係弓木和幸係長にお話を伺ってマス。



IMG_4081.JPG

この棚田の会
SUIJI(six University Initiative Japan Indonesia)で集まった
メンバーが活動を続けようと集まったもの。

SUIJIは日本とインドネシアの6大学による世界に貢献できるリーダー的人材を
養成するプログラム(2014年)

IMG_4089.JPG

「今年は香川大学の棚田の会から20名。
 ボランティアでSUIJIのメンバーだった高知大学から3名が参加してます。」

IMG_4102.JPG

棚田の会の皆さんが田植えをしたのは3枚。
「もち米とキヌヒカリを植えています。
 もち米は農学部で大学の収穫祭の時に使うそうです。」

IMG_4106.JPG

田植え機を使っての作業もありマシタがほとんどが
手植えの作業になってイマシタ。

今では珍しいこの手植えの作業に訪れた観光客も喜んでマシタよー。

IMG_4110.JPG

この日は徳島県から絵画教室のグループがスケッチ旅行に
訪れており、千枚田の各所で絵を描かれてイマシタ。

IMG_4150.JPG

また午後からは場所を変えて「コキア」の苗を150株を植えマシタ。

このコキアはほうき草とも言い
春ー夏には緑の葉を茂らし秋には紅葉してほうきの材料にもなる植物。

IMG_4153.JPG

また畑のキャビア「とんぶり」が実りマス。

「葉っぱも実も漢方の材料にもなります。
 種も獲れるので今年は苗からでしたが来年は種を取って苗を育てるところから
 やってみたいと思っています。」とお話してくれたのは
高知大学農林海洋学部辻碧さん

IMG_4142.JPG

SUIJIのメンバーで話し合って
水田を作るより簡単で休耕地をきれいに見せる方法を現棚田の会
ともに実験的にやっているとのこと。

IMG_0383.JPG
▲写真提供水晶山写真倶楽部

蛙の声と湯船の水音が聴こえる美しい千枚田。

多く見る人が美しいといつまでも感じて貰えるように
昔ながらの姿を学生たちのアイデアで一枚でも多く再現しようとしてイマス。

IMG_4091.JPG

<関連記事>

SUIJI〜six University Initiative Japan Indonesia

千枚田の田植え風景〜香川大学

小豆島Short Short(蛍)

こまめ食堂に行きマシタ

うすけはれ〜奥中山

初夏の小豆島〜国民宿舎小豆島


posted by しまラジ! at 06:00| 香川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ○日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449917692
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック