2017年05月10日

映画の島から

IMG_3639.JPG

二十四の瞳はもちろん、八日目の蝉、瀬戸内海賊物語、実写版魔女の宅急便・・・
そのほか多くの映画でロケに使われている小豆島。

1949年(昭和24年)上演の
横溝正史原作、片岡千恵蔵主演『獄門島(監督:松田定次)』がもしかしたら
初めての小豆島での映画ロケだったかも知れマセン。

IMG_3646.JPG

ロケーション当時「5歳くらいだったかなあ。」と言う
小豆島町にお住まいの濱口さんにお話を伺えマシタ。


IMG_3643.JPG

「この真ん中にいるのが僕ですね。」

映画 獄門島は1949年、東横映画制作。
村人役のエキストラに
ご近所の方がたくさん参加されたときの写真だそうデス。

IMG_3644.JPG

「主役の片岡千恵蔵さんらが当時の自宅に泊まっていて
 朝、トイレでばったり出会って何を言っていいか分からなかったなあ。」
と当時の思い出と・・・

1934年に瀬戸内海が国立公園に制定されたことがロケのきっかけ
だったのではないかともお話してくれマシタ。

IMG_3658.JPG

南風台の反対側にある岩山が獄門島の風景として
撮影されたりもしたそうデス。

石の産地でもある小豆島らしいエピソードだなーと思いマシタ。

IMG_3645.JPG

「皆さんがね、この映画をまた観てみたいというので
 一度、探したことがあるんですよ・・・」

残念なことに当時のフィルムはセルロイドフィルムだそうで
自然発火の恐れもあるため処分されてしまったとか。

IMG_3642.JPG

現在、濱口さんは「村史」のため
この映画の件も含めて資料制作をしているそうデス。

今、たくさんの映画やドラマが撮影される小豆島。

IMG_3673.JPG

美しい風景はもちろん小豆島で今、生活されている方々の記録が
残されるといいなと思ったふくろうデス。

訪れる方には昭和24年からあるロケ地巡りもぜひ!



<関連記事>

獄門島(ごくもんじま)

希望の道へ〜南風台から

小豆島ドラマロケ地/まとめ

八日目の蝉!関連記事まとめ

明日へ〜戦争は罪悪である

ギャラリーKUROgO

「魔女の宅急便」撮影中

24eyes〜オリーブ&ハーブフェア2017


posted by しまラジ! at 06:00| 香川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ○日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449720093
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック