2017年04月07日

マルキン醤油へ行ってキマシタ

小豆島と言えば木桶で作るお醤油。
小豆島町苗羽にあるマルキン醤油は人気スポットの一つデス。

IMG_3243.JPG

小豆島のお醤油の文化の要となっているマルキン醤油

マルキン忠勇・盛田と社名変更されておりマシタが
2017年4月3日から新しく「マルキン醤油(株)」として設立されマシタ。

IMG_3232.JPG

小豆島工場安藤研一工場長
マルキン醤油のこと、観光のおすすめポイントを伺ってキマシタ。



158_R.jpg

「マルキン醤油では小豆島にある約1000本の木桶のうち
 310本が現在も天然醸造蔵で使われています。」

今現在、全国のお醤油作りに使われている木桶は約2000本ほど。
その半分が小豆島にあマス。

IMG_3244.JPG

国の有形文化財に登録された「マルキン醤油記念館」
大正初期に建てられた工場。

入場料210円(特別開放時、無料)で小豆島のお醤油つくりの歴史が
全てわかるようになってイマス。


IMG_3236.JPG

「マルキン記念館に売店の醤油ソフト、ガラス越しですが
 もろみに匂いも体験できる天然醸造蔵見学が人気です。」

蔵見学は記念館から道を渡ってすぐ。

IMG_3231.JPG

ところで、屋根から白いはずのガードレールまで真っ黒なのは黒麹菌とやら
がどうこう(スミマセンねー)したせいなんだそうデス。

「ちょうど、売店の隣の屋根をふき替えたのではっきりわかりますね。
 人気と言えば『牡蠣醤油』が一番人気ですよ。」

IMG_3239.JPG

「1Lサイズはお客様のご要望があって販売しています。
 お豆腐、ホウレンソウなどにかけると美味しいですよ。」

・・・実はフクロウも牡蠣醤油の昔ながらのファンで近所では見かけない
大きいサイズは小豆島で購入しておりマスよ!

IMG_3237.JPG

菓舗ふじさわの醤油ロールカステラも大人気で個別販売だけでなく
3個入り5個入りの袋での販売もありマス。

IMG_3235.JPG

小豆島のお醤油文化を守り地域産業の要となっているマルキン醤油。
小豆島のお醤油を知り、楽しめる場所デス。


<関連記事>

人気スポットを歩いてキマシタ#2

マルキン醤油(オリーヴァー)

醤の郷〜丸金醤油記念館〜(ラブ)

マルキンギョちゃんと写真を撮ろう!

定番+新商品〜島のお菓子屋さん

春み〜つけた(ラブ)

豆モビでGO〜醤の郷


posted by しまラジ! at 06:00| 香川 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○イベント・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448702837
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック