2017年02月07日

苺一会〜小豆島いちご部会

IMG_1712.JPG

「小豆島は離島ですのでビニール張りなどの作業の助け合いを
 主にするため若手グループを作りました。」と苺一会会長、岡田和哉さん

JAの小豆島いちご部会は苺の生産者さんは32名が登録されてイマス。
その中の若手グループが苺一会の皆さん10名。

IMG_1728.JPG
コレ、なんて言う幸せ?

小豆島町蒲野にある苺のハウスにお邪魔をして
苺一会岡田会長藤原充浩さんにお話を伺いマシター。



IMG_1710.JPG

まずお話をしていただいたのは岡田会長

「小豆島いちご部会では女峰という品種を栽培しています。
 昔からある酸味甘味のバランス、形が良くケーキに適した苺です。」

小豆島にある32件の苺農家さんすべてが女峰を栽培。

IMG_1704.JPG
こんな面白い苺も発見・・・需要があるようデス。

「昭和61年から始まって去年30周年を迎えたところです。
 主に関西圏ですが香川県のスーパーでも流通していますよ。」

IMG_1718.JPG

さて、こちらのハウスは藤原さんのもの。
50m×20mのハウスには14列にわたって苺が並んでイマス。

・・・室温28度。
この寒い中、汗の出るような温かさデス(ありがたい

IMG_1701.JPG

気になるのは・・・女峰にこだわる理由。
藤原さんに伺いマシタ。

「自分が食べておいしいのが女峰。
 栽培はとても難しくて何年やってもうまくいかないところ。
 そこを自分の技術でクリアしていく面白さもあります。」

IMG_1716.JPG

高設栽培と呼ばれる栽培方法では作業の楽さと
土の病気が広がりにくいという長所があるそうデス。

「苺の収穫は11月中旬から6月下旬まで毎日続きます。
 その間に次年度の苗づくり、1年中、苺の仕事は続きます。」

IMG_1717.JPG

一番忙しいのはクリスマス?と思いきや
気温の上がる春からが作業スピードがあがり大変なんだそう。

IMG_1709.JPG

さてプロたちの目から見て一番おいしい苺は・・・
「収穫してすぐ!」

・・・こればっかりは生産者さんしか味わえないデスが
小豆島にはふるさと村のいちご園がありマスのでね!!


IMG_1727.JPG
は・・・早く食べさーせーてえええー

また購入する際には
「パックの上下から見ていただいて、サイズなんかが変わらない物
 ヘタの際まで赤くなっているもの、ヘタがぴんと張っている物が
 鮮度が高いですね。」

IMG_1731.JPG

「小豆島の生産者一同、一致団結して美味しい苺づくりに
 励んでいます。見つけたらぜひ手に取ってください。」

・・・最後に味見させて貰えマシタ♪THE苺って感じでおいしー!!


<関連記事>

小豆島産いちご2016

豊島〜いちご家〜

三都半島の宝物Aアートの欠片を探す

小豆島Short Short潮耳荘

小豆島いちごが食べられる小豆島のお店など

小豆島ふるさと村いちご園

苺の季節堪能〜菓補ふじさわ

草壁港そばMINORI GELATO

旬の果物をイタリアンに〜リストランテ FURYU

MORIKUNI BAKERY、森國酒造にも苺ジャムあるようデス


posted by しまラジ! at 06:00| 香川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ○お土産・贈り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446649994
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック