2017年02月05日

ポストカードプロジェクト〜FUKUTAKE HOUSE

IMG_7141.JPG

瀬戸内国際芸術祭2016、FUKUTAKE HOUSEに展示されていた
キャロル・リーさんのポストカードプロジェクト「縫われる記憶」

日本の伝統的な図案をポストカードにして・・・
多くの方が実際にお手紙を自分宛に大切な方宛てに書かれマシタ。

IMG_7114.JPG

このポストカードがようやく小豆島福田から全国に向け
世界各国に向けて投函されマシタ。


IMG_2178.JPG

実はこのポストカード、作家さんの出身国では普通郵便だそうデスが
日本では定形外郵便。

IMG_2181.JPG

日本国内は一定料金デスがアジア、アメリカ・・・それぞれ
郵便料金が違いマス。
日本の郵便局では数の多い郵便物は切手を貼らずに
スタンプを押してもらい出すことができマスが・・・・

IMG_2186.JPG

今回、海外の方にも喜ばれるようにと国内、海外すべての
ポストカードに切手が貼られマシタ。

また、宛先は書かれていても出す側の住所が書かれていないことから
もしもの場合、ちゃんと戻ってくるようにと
福武ハウスの住所をスタンプ。

IMG_2189.JPG

その数、929枚。
このうち、あて先不明の物が29枚。

全てのカードに切手とスタンプを押す作業が
年末から作業をはじめ、ようやく今年2月3日に終了シマシタ。

IMG_2187.JPG

作業は福田公民館でも行われ
地元の方も「どこの国が何円の切手が必要か覚えた」ほど
頑張って作業されてイマシタ。

IMG_2192.JPG

公益財団法人福武財団福武ハウス担当
アートマネージメント部門 福田担
当の大内航さん
福田郵便局に出来上がったポストカードを運び入れマス。

福田郵便局では川崎公貴局長が900枚のポストカードを
受け取りマシタ。

IMG_2193.JPG

川崎局長
「2月3日、金曜日の午後、受け取りましたので
 これからすぐに国内向けには福田の風景印を
 海外の物には航空便用のシールを貼り、土曜日に発送の手続きをします。」

IMG_2194.JPG

ちなみに国内向けのものは900枚中642枚。
早ければ月曜日には到着するそうデスよー。

海外向けの物についてはアジアの物は約1週間、それ以外の国には
1週間〜10日ほどで到着予定。

IMG_2181.JPG

ちなみの一番遠くて切手代金が300円かかったのは
南アフリカとブラジル。

IMG_2179.JPG

小豆島でアート作品と過ごした大切な時間がもうすぐ届きマス。
フクロウ8枚だけ手伝いマシタ


<関連記事>

FUKUTAKE HOUSE2016、夏会期

アジアアートミーティングFUKUTAKE HOUSE

ヘミン・ソン&ジョン・リアードンさんの作品「集団発酵」

瀬戸内国際芸術祭2016の作品について
※2017年3月まで見られる作品等

海を越えて〜約束の絵

念願達成!木ハラ食堂

美奈都食堂

海の幸!!梅本水産

スジ肉ってなんでこんなに美味しいの?

福田トレッキングのススメ・おまけ


posted by しまラジ! at 06:00| 香川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ○瀬戸内国際芸術祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446635647
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック