2016年10月16日

本日、秋祭り最終日(オリーヴァー)

11日から始まった小豆島の秋祭りシーズンも最終日を迎えマシタ。
今日10月16日は池田の亀山八幡宮の秋祭り

IMG_9584.JPG
準備完了の池田の桟敷をフェリーから・・・

午前8時半には池田桟敷前の海岸からオシコミと呼ばれる
和船が太鼓を積んで宮入シマス。

IMG_9549.JPG

昨日は富丘八幡神社内海八幡神社で秋祭りがあり賑やかな1日デシタ。
ふくろうはいつもお世話になっている
内海八幡神社にお邪魔して秋祭りを堪能してキマシタよ!



IMG_9430.JPG

内海の秋祭りは小太鼓4台に大太鼓が6台。

坂手、苗羽、馬木、安田、草壁、西村からそれぞれ決まった色の
鉢巻をつけて太鼓が運ばれてキマス。

IMG_9442.JPG

瀬戸内国際芸術祭で訪れた事のある場所だと
思い当たる方も多いのではないでしょうか。

IMG_9461.JPG

内海八幡神社前の狭い道では太鼓が順番に担がれ
奉納されマス。

IMG_9468.JPG

狭いという事は太鼓と担ぎ手、見物客との距離がとても
それはもう、とても近いのデス。

IMG_9479.JPG

「ちょうさじゃ、ちょうさじゃ」の掛け声とともに
担がれる大太鼓は迫力満点。

IMG_9425.JPG

ちなみに坂手=緑 苗羽=赤 馬木=黄 草壁=白 西村=ピンク
安田・・・は紫だったとか昔からこれとか意見が分かれマシタ。

IMG_9476.JPG

意見が分かれたってのは・・・太鼓を担ぎ終わった方が教えてくれたんデスが
ずいぶん、きこしめされてマシタので祭り明けに確認しようかと思いマス。

IMG_9527.JPG

午前中の宮入が終わると馬場では幟さしが見られマス。

地元の方のお話だと、やっしっし※と同じように
大名行列の前にしていた様な意味合いではないかとの事。

※やっしっしは馬木の金羅明神祭で踊られる郷土芸能

IMG_9534.JPG

長さ約15m、重さ約30kgの幟を片手で、時には口や胸、肩で支える姿に
見ていた方々から何度も拍手が起こりマシタ。

IMG_9547.JPG

そして馬場に小太鼓、太鼓が入ってキマシタ。

IMG_9570.JPG

今年は坂手の大太鼓の担ぎ手にUMA/design farmの原田さん
劇団ままごとの宮永さんを発見。

IMG_9559.JPG

瀬戸内国際芸術祭のクリエイター達も地元の方々と一緒に
汗だくになって祭りの1日を楽しんだようデス。

IMG_9567.JPG

フクロウは太鼓ごとに知っている顔が増え
大変そうな姿に明日は大丈夫かなと、心配事が増えた日デシタ。

IMG_9469.JPG

今日、最終日の亀山八幡宮の秋祭りでは池田の桟敷周辺は
通行規制がありマスのでお出かけの際はご注意クダサイ。



<関連記事>

小豆島、秋祭りの季節デス〜葺田八幡(オリーヴァー)

小豆島*秋祭り準備中〜要鉄商店街(オリーヴァー)

富丘八幡神社秋祭り〜太鼓台の競演〜(ニーナ)

「やっしっし」(ニーナ)

劇団ままごと〜小豆島で(オリーヴァー)

坂手物見台 Sakate Scope成果発表会(オリーヴァー)


雅やかな秋祭り〜亀山八幡宮(オリーヴァー)

小豆島の初詣(オリーヴァー)

ボランティアガイドに会いに行こう!(オリーヴァー)

小豆島Short Short潮耳荘(オリーヴァー)




posted by しまラジ! at 06:00| 香川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ○歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442825243
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック