2016年05月29日

小豆島沖で稚魚放流(オリーヴァー)

IMG_5403.JPG

昨日5月28日(土)小豆島町にある内海漁業協同組合
NPO法人瀬戸内遊漁船釣り団体協議会とともに
鯛、ヒラメ、タケノコメバルの稚魚を放流シマシタ。

この放流は、釣り人が増える一方の釣りのメッカ小豆島
魚の数を少しでも増やそうと何年もかかって実現。

IMG_5399.JPG

小豆島町内海漁業協同組合では初めての試み。

森勝典代表理事組合長
「釣り人の方が多いくらい。
 みんなで協力し合って放流することになりました。」とお話してくれマシタ。



IMG_5397.JPG

またNPO法人瀬戸内遊漁船釣り団体協議会の理事・事務局長
青井サチコさんによると
「今回、香川県、岡山県、兵庫県の3県の協力の元
 実現しました。来年からも毎年、放流を続けて行きたい。」とのこと。

昨日の放流前には早朝から釣り大会も開催され
3キログラム近い鯛も釣れたそうデス・・・見たかった。

IMG_5395.JPG

今回の放流は地元の漁船など合わせて13隻が坂手沖に向かい
鯛、1万匹、ヒラメ・タケノコメバルを5千匹放流

IMG_5446.JPG

せっかくなので一隻にお邪魔させていただきマシタ。
青井理事のお孫さんの青井秀(しゅう)君も丸亀市からお手伝いに来られて・・・
というかこの船の主力となって放流シマシタ。

IMG_5449.JPG

・・・ふくろうも2匹ほどヒラメを放流…名前書いとけばよかった。

IMG_5476.JPG

鯛は3〜4年かかって30センチに
ヒラメは1年で700グラムを超え3〜4年で1m、7キログラムにもなるそうデス。

IMG_5415.JPG

遊漁船で釣りを楽しむ方々の目の前での放流。
またこのポイントに3年、4年後に来てクダサイねー。


IMG_5451.JPG

今回放流された鯛は高知県から、またヒラメなどは香川県水産試験場から
届けられたそうデス。

IMG_5460.JPG

放流までの間に船の上で船頭さんの森さん
そして青井秀(しゅう)君から漁や海の面白いお話を聞くことが出来マシタ。

IMG_5465.JPG

改めてご紹介させていただこうと思いマス。
・・・大きくなーれー!!!

<関連記事>

夏の国民宿舎小豆島(オリーヴァー)

しまステイの宿〜小豆島ユースホステル(オリーヴァー)

放魚祭〜青空教室〜(ラブ)

初夏の大阪屋(オリーヴァー)

とりい寿司さんのお勧め!

ご当地グルメ*ひしお丼

お正月のお買い物!魚伝(オリーヴァー)

ご近所、いいデスねー(オリーヴァー)

釣りしたいデス(オリーヴァー)



posted by しまラジ! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ○日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438365867
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック