2014年11月20日

「ありがとう、小豆島の光」(オリーヴァー)

141117「小豆島の光」お別れセレモニー (1).JPG

瀬戸内国際芸術祭2013の作品「小豆島の光」の
お別れセレモニーが開催されマシタ。

中山は製作者の王文志(ワンウェンチー)さんの故郷によく似ているそうデス。
最初にここに来た時にすぐに中山が好きになったそうデスよ。

P1010184-ca341-thumbnail2.jpg

地元の方たちと作り上げた作品は今日、最後を迎えマス。


IMG_3129.JPG

高さ15メートルのドーム状の「小豆島の光」は
王さんが中山農村歌舞伎の舞台を見て感動しイメージしたもの。

ebi2-thumbnail2.jpg

瀬戸内国際芸術祭サポーターのこえび隊や
地元住民らによって切り出された約5000本の竹を使って作られマシタ。

355-bb0e2-thumbnail2.jpg

瀬戸内国際芸術祭会期中は大人気で多くの方が訪れ
にぎわい、竹の隙間から入り込む光の中、心地よい時間を過ごしマシタ。

IMG_3122.JPG

その心地よさ・・・芸術祭の前から今日まで関わった地域の方は

一面に広がる千枚田や湯舟山からの
 きれいな湧水、その湧水で育った竹を使った「小豆島の光」と
 中山の自然がぴったりだったからかもしれません。
」とお話してくれマス。

141117「小豆島の光」お別れセレモニー (39).JPG

セレモニーには地元の園児たちも雨の中、お別れにキマシタよ。

「光がいっぱいの竹の家、私たちは大好きです。
 さようなら竹の家、わたしたちは忘れません」

791-thumbnail2.jpg

歌舞伎の舞台をイメージして作られたこの小豆島の光では
サヌカイトのコンサートや夜間の内部ライトアップなど様々なイベントが行われマシタ。

129-683e3-thumbnail2.jpg

その一つ一つを支えてきた地域の皆さんに王さん
作品制作期間中、皆さんの惜しみないご協力
 一緒に過ごした大切な時間は素晴らしい思い出。
 多くの労力を要する私の作品は皆様にご苦労をおかけしました。
 皆様との素晴らしい思い出は、決して忘れることはありません。


とビデオメッセージで語りかけてイマシタ。

0613003_R-dc260-thumbnail2.jpg

地元中山歌舞伎保存会矢田徹会長
「次回の瀬戸内国際芸術祭も
 小豆島の光に負けない素晴らしいものが出来上がると期待してお別れをします」

そして、拍子木に合わせた三本締めでセレモニーは幕を閉じマシタ。

081020022-thumbnail2-thumbnail2.jpg

小豆島の光
鑑賞に訪れたたくさんの皆さんや地域の方々に愛された作品デス。

さよなら、小豆島の光」「ありがとう、小豆島の光


<関連記事>

小豆島町Short Short(オリーヴァー)

posted by しまラジ! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ○瀬戸内国際芸術祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック