2013年07月02日

300年の伝統芸能(オリーヴァー)

昨日から始まった、舞台を使った稽古にお邪魔シマシタ。

矢田さんの熱心な指導を真剣に聞く小学生。

nakayama 033.jpg

今年は4人のお子さんが舞台に立ちマス。

小学生4人が演じるのは「仮名手本忠臣蔵 五段目

山崎街道 鉄砲渡しの場と二ッ玉の場。

nakayama 024.jpg

「今日、舞台正面の戸を外して初めての舞台稽古です。」

「最近は少子化で、やれる子が4人しかいないので

 この演目にしました。

nakayama 022.jpg

 通し狂言として仮名手本忠臣蔵の、五・六・七段目をやります。」

nakayama 040.jpg

今年の演目は

第一幕 三番叟(踊り)・・・八木皇彦
第二幕 仮名手本忠臣蔵 五段目 
第三幕 仮名手本忠臣蔵 六段目 勘衛切腹の場
第四幕 仮名手本忠臣蔵 七段目 祇園一力茶屋の場


nakayama 039.jpg

「毎日、スクールバスを降りて練習してから帰ります。大人の練習は

 そのあと、7時頃から。

nakayama 032.jpg

 今年は夏休みを利用して練習してきました。最近は塾や部活があって

 私もそれに合わせています。」

nakayama 028.jpg

矢田さんはひとりひとりに手本を見せて

なぜ、この場面でこの動きをするのか丁寧に話しながら指導されてイマシタ。


nakayama 020.jpg

「今は年に一度、大祭だけですが昔は、還暦や上棟式やと何どもやったんです。

 300年続く伝統芸能をなんとか続けていきたいという思いでやってます。」

nakayama 014.jpg

「今年も47、8人で練り固めをしました。

 練り固めは(関係者)全員がひとところに集まって

 力を合わせて頑張ろうという決起集会みたいなものです。」

nakayama 037.jpg

「出席したら脱落してはいけないんです。」と集まってきた仕事帰りの

若い演者さんたちに笑いかけマス。


nakayama 017.jpg

「島外から既にいくつかの団体が予約して来てくれます。

 遠方からおいでてくれて感謝しています。」

nakayama 013.jpg

「素人の演技ですから、セリフを忘れたりお酒がまわったり・・・
 
 ハプニングも面白い。

 島外の人には”他には見られないものが毎年、何か見られる”と言われました。」

nakayama 025.jpg

最後に矢田さんにとって農村歌舞伎とは?

「19歳の時からこの歌舞伎に入り、45歳で会長になってもう35年間続けているんです。

 一年間の仕事の中で大きなウエイトを占めるものですね。」

nakayama 034.jpg

「若い人たちが、継いでくれることを心から願っています。」

nakayama 011.jpg

さて、農村舞台へのアクセスは、オリーブバス春日神社前下車

お車の方は剣道252号線沿いの池田公民館中山文館、または中山ダム下公園に

駐車場
がありマス。

井上誠耕園の近く、池田イマージュセンターからは午後4時半〜無料送迎バスも。

10月13日(日)午後5時開幕で終了時間は午後8時頃。



大きな地図で見る

<関連記事>

中山農村歌舞伎開幕!(ニーナ)

中山農村歌舞伎(まめこ)

わりごう弁当(ラブ)

posted by しまラジ! at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ○イベント・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック