2013年07月02日

向学心を作る仕事(オリーヴァー)

0915 053.jpg

高峰秀子さんは

「たった5歳で養父に連れられて、映画『母』の子役オーディションに思いつきで

 出されたんです。他のお子さんは可愛らしい格好をしていたらしいんですが

 高峰は普段着の七分袖のワンピースだったそうです。」

0915 052.jpg

5歳で映画デビュー。天才的な子役として次々に仕事が入ったそうデス。

「小学校1年生の担任の先生が、学校に行けずロケに出る高峰に

 ご自身のお子さんが使っていた絵本を渡して。それで高峰は字を覚えたんです。」

0915 034.jpg

平仮名やカタカナは絵本等で覚えたという高峰さん。

「13歳で松竹から東宝に引き抜きがあり、その条件の中に

 女学校に行かせてやる、と言うのがありました。」

0915 056.jpg

教育を受けることを諦めなかった高峰さんデスが・・・

「年間に20本からの映画に出演していて、ほとんど学校に行けなかったある日、

 映画を取るのか学校を取るのか、迫られたんです。」

『あなたはもう、映画の世界で生活できているのだから・・・』

こう先生に言われたとき、一体どんな気持ちだったのでしょう。

0915 058.jpg

ご自身を家族の『金銭製造機』と思い学校を諦めなければいけない、

「学校へゆかなくても、勉強はできる、そう自分に言い聞かせたそうです。」

『それでは、学校サン、サヨウナラ!』

高峰秀子さんは著書『わたしの渡世日記』に書かれたそうデス。

0915 063.jpg

映画 二十四の瞳で助監督だった松山善三さんと出会い結婚。

「著書『わたしの渡世日記』はそのまま日本映画の歴史であり、

 あれほど自分を突き放して自伝を書いた人は他にいない。作家としてもすごい人なんです。」

0915 067.jpg

「文才もある、歌も上手い、絵も描ける。本当に万能の人が『学校に行けなかった』だけで

 引き算や割り算ができなかった。本当に痛ましかった・・・。」

0915 068.jpg

高峰さんの半生を振り返りつつ、教育の現場にいる先生方へ、

先生の一挙手一投足が子供を変える、責任が重いんです。

 どこからでもかかって来い!と言う人間としての力、
 
 心の命を預かっているんだと、私は思います。」

0915 097.jpg

「学びたい、という気持ちを育てることが教師だと思う・・・

 大変な仕事です。」

ちょっとした芸能界暴露話で場を盛り上げながら

とっても心に響くお話をしてくださいマシタ。


0915 036.jpg

晩年の高峰秀子さんは、松山さんや斎藤さんと旅行に行かれては

松山善三さん斎藤さんとの共著エッセイを発表し、幸せだったようデス。

0915 098.jpg

「今は学校も親も責任を取りたがらない。学校も家庭もそれぞれ

 100%の力で子供に接するべきなんです。

 100%+100%。余剰がでたっていいじゃないですか!!」

と学校の在り方について語られたあと

オリーヴァーの「家庭の役割は?」の質問に答えてくれマシタ。


0915 100.jpg

40年たってもまだまだ売れている『わたしの渡世日記』読みたくなりマシタ。

さて・・・恍惚の人(1973年)人間の証明(1977年)などなど代表作の多い松山善三監督・・・。

今回のシンポジウムでも懐かしい小豆島をこっそり楽しまれたそうデスよ。


<関連記事>

岬の分教場・教育シンポジウム(オリーヴァー)

posted by しまラジ! at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ○二十四の瞳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック