2013年07月02日

ただ今練習中!(オリーヴァー)

E4BA8CE58D81E59B9BE291A6-thumbnail2.jpg

照木ひでひろさんと言う演劇にとても熱心な演出家が小豆島にはおられマシタ。

その方を中心に、小豆島では島民演劇がとても盛んだったようデス。

101020125_R-thumbnail2.jpg

残念ながら照木さんが亡くなられ、演劇を続けることができなくなってイマシタ。

デスが・・・「瀬戸内国際芸術祭」での上演を目標に昨年、

NPO法人「二十四の瞳」を二十一世紀に伝える会が継承を決定。

24.2-thumbnail2.jpg

四国学院大助教の西村和宏さんに演出を依頼し、

中山農村歌舞伎舞台で「島民演劇・二十四の瞳」の一部を上演することができマシタ。

night1-thumbnail2.jpg

さて、いよいよ本番の今年、

小豆島町では「島民演劇『二十四の瞳』応援室」を設立。

081-4fb37-thumbnail2.JPG

応援室の皆さんは、公務時間外に裏方の仕事や事務作業などを行うほか、

役者としての練習も始まってイマス。

824 005.jpg

現在、醤油会館で皆さん夜毎練習に励んでおられるようデスよ。

楽しみな本番は・・・

824 016.jpg

サンオリーブホールにて

10月19日(土)・20日(日) 16:00開演〜18:00の予定

詳細が決定次第、またおってお知らせシマス。


島民演劇「二十四の瞳」の復活(まめこ)



posted by しまラジ! at 05:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ○瀬戸内国際芸術祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック