2013年03月19日

王さんに聞く「小豆島の光」の楽しみ方(ニーナ)

旭屋さんの「アートめぐりバス」小豆島の光にやってきました。
できあがったばかりの作品はまだ、青竹の色のままで若々しいイメージです。
これからだんだんと茶色に変化して行くんですねぴかぴか(新しい)

049.jpg

作品の近くでラジオ用の音声を収録していると、
076.jpg

作家の王文志(ワンウェンチー)さんに出会いました。
ラジオの取材で島内を巡っているとお話するとなんと、王さん自身が作品の説明をしてくださいました。
110.jpg

作品のちょうど真ん中には掘りごたつのようになっているところがあります。
118.jpg

「そこでは、畳のように座り込んでもいいし、腰かけてもいい。」095.jpg

腰かけて上を見あげると
098.jpg

ちょうど真ん中にまあるい窓が付いています。
「そこからは空を見ることができるし、夜は星を見ることができます。この窓は・・」
そういうと、いきなり寝転がる王さん。
129.jpg

「こうやって寝転がって見上げるのもいいですよ」
ニーナも早速、真似してみました。
わー。解放感が全然違います揺れるハート

093.jpg

竹の窓からは千枚田と中山農村歌舞伎の舞台を見ることもできます。

161.jpg

小豆島の光へ来た時はその高く、大きく広がる空間を楽しんでくださいね。
今回はライトアップもありますぴかぴか(新しい)
夜もガラッとイメージが変わって素敵なんだろうなあ。

120.jpg

旭屋さんのツアーに参加かれた方は、ガイドの岡田専務から王さん直伝の小豆島光の楽しみ方や見どころを聞くこともできますのでお楽しみに!

旭屋さんのツアー詳細は小豆島・旭屋HP(CLICK)


ライトアップの様子はこちらから豆子のまめナビ(CLICK)



posted by しまラジ! at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ○瀬戸内国際芸術祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック