2012年10月01日

〜あれの正体〜ホエールウォッチング(ニーナ)

「あれ」はくじらの仲間の「スナメリ
シロサメやマメクジラなど、いろんな風によばれていますが、
小豆島では「ナメソ」と呼ばれているそうですよ。
042.jpg

波間に姿が少しだけ、見え隠れ。
ニーナが見ているときは遠くに見えていましたが
さっきまでは、もっと近くで潮を吹き上げたりして遊んでいたぴかぴか(新しい)そうです。
039.jpg

残念。
見たかったな〜バッド(下向き矢印)

遠くにしか見えなかったけど、ときどき表す姿にテンションがあがちゃいました揺れるハート
国道のすぐ横の歩道から、ホエールウォッチングできるなんてめっちゃ幸運でした!

三豊市の粟島でも、よく見かけられるようですよ目

小豆島は冬でもやっぱり海がたのしいですねかわいい
夏より冬の方が海辺に通っている回数が多いニーナからのレポでした。




posted by しまラジ! at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ○日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わっ!これはすごい。
スナメリはときどき見ますが、これは他の種類のイルカですよ。
ナメソには背びれはないですし、もっと黄土色系ですからね。
何イルカでしょうね。瀬戸内海に紛れ込んできたのかも。
Posted by やま at 2012年12月15日 09:32
やまさん。
コメントありがとうございます!!
もっと近距離で見た方がスナメリだとおっしゃっていたのと
写真を見ていただいて、これは背びれではないよのことでそう書かせていただきました。
数頭、影が見えていたんですが
ほんと、何イルカだったんでしょうか??
内海湾のウッシー??

Posted by ニーナ at 2012年12月17日 09:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック