2012年06月12日

マルキン醤油見学

約100年前から作り続けられている、マルキン醤油
マルキン忠勇株式会社の工場内ともろみ蔵を、特別に見学をさせていただきました。

marukin1.jpg

案内をしてくれたのは、マルキン忠勇株式会社・技術研究所の石井孝治さん

marukin11.jpg

海沿いに建てられているのは、お醤油づくりが海運業によって発展してきた証。
小麦や大豆といった原料は、今でも船で運ばれてきています。



marukin3.jpg

お醤油は、炒った小麦蒸した大豆

marukin5.jpg

麹菌をうえつけて麹に。

marukin6.jpg

そこに塩水を入れて発酵・熟成させます。それが、もろみとなるのです。

marukin8.jpg

ここが、マルキン醤油の天然醸造蔵(もろみ蔵)。
蔵に住み着いている菌たちが、もろみを発酵・熟成させてくれます。

marukin13.jpg

創業当時から使われてきた杉樽は、今でも320本ほどが現役で使われています。

marukin10.jpg

春先に仕込んだもろみを少し味見しましたが、醤油の味にはまだ遠い感じでした。
これから気温と湿度があがって発酵し、10〜11月ごろ、エステル臭(メロンを口に含んだ時のような臭い)になると、すっかりお醤油の味に出来上がるそうです。

marukin12.jpg

マルキン醤油の工場の周りでは、いろんな香りが楽しめます。
小麦の香りが強い日は、焼きあがったパンのような香りがする日も♪

香りも楽しみながら、ひしおの郷を散策してみてくださいね〜!

マルキン忠勇株式会社HP→http://www.marukin-chuyu.com






posted by しまラジ! at 08:00| Comment(0) | ○日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]