2012年01月18日

とんどin二十四の瞳映画村(まめこ)

1月15日。田浦半島にある二十四の瞳映画村で行われた、お正月の伝統行事「とんど」に行ってきました。

とんど@.jpg

朝10時。山伏(やまぶし)が吹く法螺貝の音を合図に、一行は映画村を練り歩き始めます。

とんどB.jpg

この練り歩きには、「結界を張る」・「清める」という意味があります。

山伏とは、山の中を歩いて修行する行者のことをいいますが、

とんどC.jpg

かわいいのがこの衣装。お尻に毛皮の大きなしっぽがついています☆山の中での修行中、このおかげでどこでも座ることができるようになっているそうですよ♪

結界を張り終え、浜辺に到着しました。
浜辺には、立派な櫓(やぐら)が用意されています。

とんどH.jpg

矢を放ってから、

とんどE.jpg

いよいよ火を点けます。

とんどI.jpg

竹の爆竹音と一緒にモクモクと燃え上がる炎。
煙は龍のように天に昇っていきます。

とんどF.jpg

みんな無病息災をお祈りします。
お接待のお餅もいただきました。

とんどG.jpg

昭和の街並みをそのまま残した映画村の中で、こういった行事があると、本当に一昔前にタイムスリップしたような気持ちになります。この映画村だけでなく、小豆島では各地域で、とんどが行われています。日本に残る、伝統行事。これからもずっと受け継がれていってほしいなと、心の底から思いました。





posted by しまラジ! at 00:00| Comment(0) | ○二十四の瞳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]