2011年12月25日

歴女なクリスマス。(ニーナ)

小豆島にキリスト教が伝来したのは、1586年頃。
セスベデス神父によって、島の人の1400人が洗礼を受けました。
その頃はキリシタン大名で有名な小西行長が小豆島を治めていました。

小西行長は小豆島をキリスト教の聖地にしようと高さ15mの十字架を
立てて、幸せを祈ったそうです。
その場所に、今は文明の塔と名付けられた大きな十字架が立っています。

028.jpg

025.jpg

オリーブ園を見渡せる場所にあるこの塔は、まるで島の人達の幸せを見守ってくれているようですかわいい

神聖な気持ちでMerry Christmasクリスマス

024.jpg

みなさまに心暖まるクリスマスが訪れますようにexclamation

posted by しまラジ! at 01:00| Comment(0) | ○イベント・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]